fc2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2拍手ランキング

非常ボタン

ホーンの変換アダプター

当店でとても評判のよい
ホーンの変換アダプターをご紹介いたします。
JBLやアルテックからスロートサイズの変換アダプターはございますが、
USED品で探す必要がございます。
2327.jpg
JBLの製品で1インチスロートのドライバーユニットを2インチスロートホーンに取り付ける
2327がございます。
ただ現状ではUSED品を探してくる必要があり
すぐに見つかるとは限りません。
またアルテックの大型ドライバーユニットは1.5インチのスロートなのと
同じ1インチスロートでも2穴と3穴タイプが存在してます。
当店で販売してますスロート変換アダプターは
1インチから1.5インチ変換と1.5インチから2インチに変換できる2つのアダプターがございます。

1インチから1.5インチ変換
http://www.elex.ne.jp/ecshop/index.php?dispatch=products.view&product_id=5583
<文字クリックでページに行きます>
1-15.jpg
1インチドライバーJBL系の3穴とアルテック系の2穴対応です
出口は1.5インチドライバーのアルテック288系の3穴タイプが対応です

1.5インチから2インチ変換
http://www.elex.ne.jp/ecshop/index.php?dispatch=products.view&product_id=5759
15-2.jpg
アルテック288系の3穴タイプ対応
出口はJBL系の4穴タイプ対応です

どちらもアルミ金属なので重量あるユニットでも強度は十分です。

288系の専用ホーンに1インチドライバーユニットを付けたい場合
1-15h.jpg

2インチ系のホーンにアルテック288系の1.5インチユニットを付ける場合
15-2h.jpg

2インチ系のホーンに1インチドライバーユニットを付ける場合は2個連結して可能です
1-2h.jpg

反対に大きいスロート径のドライバーユニットを小さいスロートのホーンに付ける場合
15-1h.jpg
先がすぼまる方向に取り付けすれば使用上では可能ではありますが
若干高音の特製が落ちる場合があるそうです。

ホーンとアダプターの連結はネジ穴に短めのボルトナットで固定して下さい。

アルテックA7を大型ホーンに交換してA5に近い音質で使いたい方などに
是非ご利用下さい。
スポンサーサイト



タンノイ オートグラフ

タンノイ TANNOY オートグラフ国産箱+G15
<文字クリックで詳細ページに行きます>
が入荷しました。
TANNOYs1.jpg

タンノイ社のスピーカーシステムとしては当時最高グレードになる特大スピーカーシステムです。
引っ越ししてから11年たちましたが、引っ越し後の初入荷です。

grf3.jpg
以前に在庫してましたコーナー型GRFをさらに大きくしたのがオートグラフです。

TANNOY2s.jpg

コーナーGRFとの違いは、コーナーバックロードホーンとフロントショートホーンが使われている点です。

TANNOY3s.jpg

背面の2面を部屋のコーナーにピッタリとつけて壁2面と床をホーンの延長として使います。
かなりの大型のシステムなのですが、コーナーに設置しますと、
柱が張り出ている様な感じでお部屋を狭くさせないので、6畳くらいでもらくらく設置可能です。

TANNOY4s.jpg

ユニットはモニターゴールド15インチです。
タンノイ同軸ユニットは古い方から
ブラック シルバー レッド ゴールド HPD・・・・・となります
ゴールドまでがフィックスドエッジでコーン裏のリブが無いタイプです。
HPDまでアルニコマグネットですが、ウレタンエッジでコーン裏のリブが付いてきます。
タンノイのファンの方々はゴールド以前がお好きな方が多いです。

今回は左右のシリアル番号が比較的近いです。

是非試聴にご来店下さい。

エレックス
H/Pアドレス:http://www.elex.ne.jp

スピーカーボックス

書類を整理してましたら、
フォステクスの取説が出てきました。
その中にバックロードホーンの設計図が記載されてました。
bk.jpg
親切な取説ですね。

当店にいくつかの資料ございます。
al.jpg
アルテック代理店であったエレクトリ社から出てましたボックス図面集です。
代表的なA7のボックス828も入ってます。
8281.jpg

もしこのような物が必要な方いらっしゃいましたらお問い合わせください。

JBL パラゴン

当店が引っ越ししてからもうすぐ8年(東北地震の10日前の3月1日より)経ちました。
沢山のお客様に支えられて続けて営業できている事にお礼いたします。

さてJBLパラゴンは旧店舗時では数回の入荷いたしましたが、現在店舗では、お初の入荷となります。
他閲覧のお客様には、申し訳ございませんが、入荷早々に売約中となっておりますが、
一度でもJBL社のトップのスピーカーが当店に展示できたのはとても嬉しく思しますので、
せめて写真は残したく思います。

pa.jpg
前板はとりつけておりませんが、横幅がとても長い超特大スピーカーです。

pa5.jpg
このように前の湾曲部と左右に分離できます。3ピース構成です。

パラゴンはものすごく長い生産期間があり、最終のフェライトマグネットのLE15Hタイプはたしか1986年近辺まで製造されました。
初期の1504Cウーファーが付けられてましたが、
今回入荷のモデルはLE15の白エッジですが、かなりOLDになるタイプになります。
私もすべて知っている訳ではございませんが、OLDパラゴンの場合、
pa2.jpg
375の中の保護メッシュが凸でなく平たくなってます。
pa3.jpg
075は16オームのバテイタイプで黒塗装がチジミ塗装でなくつるつるの黒です。
pa4.jpg
後期はネットワーク2つが横並びに対してOLDは縦に配置されてます。
勿論16オームのネットワークですが、ウーファーは500Hzでなく400Hzです。

3ウエイなので以外にもワイドレンジで、今風の録音でも結構こなしてくれます。
納品されてしまうと店内が少しさびしくなりそうです。
次回の入荷を待っております。

JBL 15インチ(38cm)ユニット多数在庫中です

JBLのウーファーやフルレンジの38cmユニットが多数入荷してきております。

K130.jpg
JBL K130
文字クリックで詳細が見れます。
D130のプロシリーズ楽器用です アルニコ

2235H.jpg
JBL 2235H
文字クリックで詳細が見れます。
4344等に搭載されたウーファーです。

2226h.jpg
JBL 2226H
文字クリックで詳細が見れます。

2220.jpg
JBL 2220A
文字クリックで詳細が見れます。
130Aのプロモデル アルニコ

140E.jpg
JBL E140-8

38cm用のボックスも結構在庫ありますので、
お好みに合わせて組んでみてください。

 | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ