FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2拍手ランキング

非常ボタン

ゴトウユニット EPH-4003 チャンデバ新製品

ゴトウユニット社より新製品のカタログ来ました。
今まで2-4ウエイチャンデバのEPH-4002は生産休止で購入できなくなってましたが、
新型のチャンネルディバイダーEPH-4003が発売開始された様です。

EPH-40033.jpg

ゴトウユニット GOTO EPH-4003
<文字クリックで詳細ページに行きます>
基本的なスペックは前作とほぼ同じですが、
電源部のトランスやダイオード等がアップグレードされていてノイズも少なくなった模様です。

ゴトウユニットブログ
スポンサーサイト



ゴトウユニット SG-3880Ti 写真

ゴトウユニットブログ
<文字クリックでリンク先に行きます>
にて当店のお客様の発注頂いた品の綺麗な写真がアップされてましたので、ご紹介させていただきます。

ゴトウユニット GOTO SG-3880Ti 16Ω

ゴトウユニット GOTO SG-3880Ti 8Ω
<各文字クリックで詳細ページに行きます>

3880.jpg
中高音用(Mid High)ドライバーユニットでは最強のマグネットを搭載されたモデルです。
振動版はチタンを採用されている、比較的新しいモデルです。
スペック
中高音用(Mid High)ドライバーユニット
振動板 チタンFRPエッジ
入カ(ミュージック) 5W
インピーダンス 8Ω /16Ω
出力音圧レベル 116dB
再生周波数帯域 400-18kHz
総磁束 225万Maxwell
磁束密度 24000Gauss
クロスオーバー周波数 1k-5kHz
磁気ギャップ材質 パーメンジュール supekku
外形寸法 200パイ×175
適合ホーン S-600,S-800
///////////////////
一般的な使用方法としては、S-600をつけて1000-5000Hzを持たせます。
この周波数は3000Hz付近を含む周波数帯域なので、
人の聴覚としては、<<位置>>や<<定位>>を感じる周波数帯となります。
他のユニットの方が沢山の音を出しているにもかかわらず、この部分のユニットが一番大きい音が出ているような錯覚を起こします。
7000Hz以上や1500Hz以下のユニットは存在感があまり感じられず、どこから出てきたのかわかりにくいですが、
3000Hz近辺を出すユニットはすごく強い位置を感じさせるためです。
当店のゴトウデモ機は、このミッドハイユニットは耳の高さ付近の一番良い位置に配置させてます。
そして左右位置関係も定規で測って対象の場所にさせてます。
その他のユニットは3000Hzのユニットを取り囲む位置にセットしてます。
このおかげで、4ウエイ以上のシステムでも綺麗な定位が作れます。

他のスピーカーの場合でも同様に、3000Hzユニットの位置を正確にセットしてみてください。

ゴトウメンテ

当店デモ機の
ゴトウユニットの中低音部SG-505TT(元SG-555TTのフランジ交換品)が
半断線状態になったので、
メーカーメンテに出しました。
運よく軽い断線でしたのですぐ直りました。
ゴトウユニット社は健在なので、メンテがOKなのは安心です。
505.jpg
時々必要なメンテナンスのために木箱は取っておかれる事お勧めします。
また、取り外し時等
goto.jpg
このようにユニット装着後は、ホーン口を下向きに置かないでください。
どうしても下向きにする際は開口部を塞がないように電話帳等を一か所下にひいて密封されないようしてください。

JBL社のようなドライバーと違い、<自分で直したことあるからやってみる>という方がたまにいらっしゃいますが、
巻線が極細で隙間もとても小さく、ネジの締め加減すら困難です。
大抵より悪化させてしまいます(私もやりました)

トライせず軽傷の内にメーカーメンテ出される事お勧めいたします。
その方が安価で早くしかもLRのバランスが良い状態が保てます。
当店もゴトウユニット修理窓口ございますので、
いじる前に一度ご相談ください。


ゴトウユニットブログ
<文字クリックでリンク先に行きます>

ゴトウユニット新型のドライバー写真

ゴトウユニット社
のブログで当店にてお買い上げいただいたお客様のユニットの完成写真がブログにアップされておりました。
綺麗な写真でしたので、この場にても掲載させていただきます。

当店ページでは、
ゴトウユニット GOTO SG-5880Ti 16Ω

ゴトウユニット GOTO SG-5880Ti 8Ω
にて閲覧可能です。

5880Tielex2.jpg

超大型マグネットを使った中低音用ドライバーの新型で、チタンのダイヤフラム(振動版]採用しております。
当店のデモ機にも使ってみたかったアイテムです。

ゴトウユニット製品再追加新製品

つい近日ゴトウユニット GOTO社から
大型マグネットの
SG-166 ツイーター
SG-377 ミッドハイドライバー
SG-06F フランジ付きツイーター
20cmボックス
が追加されたばかりですが、
更に3機種の新製品投入されました。

188.jpg


ゴトウユニット GOTO SG-188Ti 8Ω


ゴトウユニット GOTO SG-188Ti 16Ω


<文字クリックで詳細見れます>

SG-3880ti.jpg

ゴトウユニット GOTO SG-3880Ti 8Ω 

ゴトウユニット GOTO SG-3880Ti 16Ω

<文字クリックで詳細見れます>


SG-5880ti.jpg
<文字クリックで詳細見れます>

ゴトウユニット GOTO SG-5880Ti 8Ω

ゴトウユニット GOTO SG-5880Ti 16Ω


今まではチタンダイヤフラムのモデルは棒磁石を並べた超強化マグネットシリーズがありませんでしたが、
今回より、ツイーター ミッドハイ ミッドローの特大マグネットシリーズが登場いたしました。
ベリリウムタイプではなかったユーザーの方も大型磁石で堪能できる様になりました。

 | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ