FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2拍手ランキング

非常ボタン

御影ボードの活用方法

当店にて販売中の好評いただいてますミカゲボード、、
<文字クリックで詳細見れます>

1枚500円で安価ですが、
ミカゲ石は大理石と違って音速が速い<振動を中に伝える速度が速い>です。

スピーカーやプレーヤー等は振動嫌うのはわかりますが、
アンプ等の電気通る機器も電圧の上下で振動します。
この振動が早く抜けないと、次にやってくる音楽信号に、影響が出ます。

特にデジタル機器は高速の振動の周波数ですのでより効果が高くなります。

というわけで、今回当店推奨のDACの
オーディオトラックDAC2のミカゲケース作成してみます。

石カッターはかなりの粗い削りしかできませんので、切断面の精度や、
切り口のガタや大きさは狂い易いです。
若干大き目にカットしてつめていきます。

isi-1.jpg
スイッチング電源部

isi-2.jpg

これだけで低音の出方とても変わりました。

isi-3.jpg
こちらは本体部です。<まだ使ってません>
多分効果は期待できます。

isi-4.jpg

isi-5.jpg

重さも増して安定して、一見の見栄えも中々goodになりました。

当店ミカゲは1カットにつき500円で行いますので、
このような加工ができます。
特注オーダーで作成依頼承ります。

詳しくは近日中にホームページにてお知らせいたします。
スポンサーサイト



AUDIOTRAK DR DAC2 DX TE のグレードアップ

今回は当店で、一番人気の商品
AUDIOTRAK DR DAC2 DX TE
文字クリックで詳細見れます。
のDAコンバーターですが、

これの功績を倍増させるグレードアップを
ご紹介いたします。

torak.jpg

小型のこのDACは電源部が外付けタイプで、
標準装備の電源ボックスは、

traknomardengen.jpg
このような、簡易的なACアダプターです。

このままでも音は、かなりのクオリティですが、
このコンバーター意外と発熱しますので、
想像以上に電流が流れているはずです。

そこで当店のオリジナル商品の強化スイッチング電源ボックスに取り換えてみてください。

trakdengen.jpg

容量の大きいスイッチング電源です。
スイッチングは皆様ご存知かと思いますが、
ノイズの発生装置です。

このシールド兼内部振動放出に最大貢献します、、、
アルミのダイキャストケースに入れてガッチリ固定されてます。

SNはもとより、なんとアンプ交換した位の音鮮明度と
ダイナミックレンジがかもし出されてきます。

小電力のコンバーターでもやはり電源強化は無視できないというわけです。

さらに、電源部と本体の電源ケーブル交換もかなり価値ありで

swcodo.jpg
このコードに取り換えますと更に、音色が安定します。

*******************

次が、本体の内部チューンで、
以前もご紹介しましたが、
銅ブロックによるIC部に振動吸い上げ兼、渦電流やノイズ吸収を行い、
コンデンサーやケースは、銅箔テープによって処理されます。

これも電源交換とまた意義が、違いこそありますが、
本来作られた電気信号をスピーカーまでロスなく送り与える効果は抜群です。

お客様はノーマル購入者も1日でフルチューン依頼来るほどの
人気アイテムです。

どうぞ体験試聴にご来店お待ちしております。

自作のDAコンバーター

本日とてもすごい作品を拝見しました。

自作のDAコンバーター+ボリュームボックスです。

dac10.jpg

dac4.jpg

前パネルもつまみも角の作りも中々のデザイン

dac6.jpg

dac5.jpg

プリントまで自作です。
表面仕上げも美!

dac7.jpg

dac8.jpg

dac9.jpg

背面も抜かりなく良い出来栄え

どこが自作なのでしょうか?

一般メーカーさんよりきれいです。

dac1.jpg

中身!
dac2.jpg

しっかり銅箔と銅ブロックついてます。

dac3.jpg

トランス電源ですが、外部のスイッチング電源に切り替えもできます。

パーツもいい加減な物なく、東京光音のアッテネーター

これで音悪いはずありません。

なんと中身はオーディオトラックのDAC2なのです。

素晴らしい物に、出会えました。

ソニーCDP-X3000改

本日は、やりかけのCDプレーヤーの
最終チューンアップです。

SONY CDP-X3000のデモ機の振動対策です。

3000-1.jpg

4面ミカゲ石を両面テープ貼り付けです。

3000-2.jpg

CDトレイ蓋は天板なので、そこだけ空白状態です。

3000-3.jpg

底面は純正足を取り除きましたが、
各部パーツのビスの頭が出ていてフラットになってません。

石の表面にくぼみをつけようか考えましたが、
それでもサイドパネルはコの字型で両端しかぶつかりません。

ということでアルミ5mm厚の板をネジよけて、4枚両面テープにて貼り付けた後
ミカゲ貼り付けしました。
これでメカ部のパーツに直にシンクロさせる事できました。

サイドと一部天板はL状にて接着後に両面テープ貼り付けです。


持ち上げて見ました。
!!!!!!!
マッキンのアンプより重たいかもです。

ついでにトンガリのインシュレーターが硬い面同士は効き目ありそうなので、
クリスタルスパイク投入です。

さて試聴・・・・・・・・・

これはもう、ソニーの音色ではございません。
どちらかと言えばですが、デノン系統の音で
かなり重心がさがりました。

チャンデバレベルも少々変更してあげました。

それでもさすがゴトウユニットのオールホーンシステムです。
ここまでやっても、空中伝って、CDの天板の中央部は
ブルブルしてます。

まあこれで打ち止めでしょう。

この変り様を是非試聴いらっしゃってください。

ソニーCDP-X3000チューニング

本日デモ機の
SONYのCDP-X3000を改造を施しました。

x3000-1.jpg

恒例の銅箔テープテープの内面貼り付けです、

各基板に挿してある、コネクター類に
接点強化液の塗布<シルバーコンタクト>

x3000-2.jpg

ICとトランジスタに銅ブロック貼り付け、

鉄板のCDのメカフレームにアルミブロック貼り付け

賞味4時間以上かかりました。

さてさて音色ですが、
第1発目の音から全然違います。

高音は透明感抜群で、
低音もカッチリとなりました。

ある意味では
ソニーCDP-X5000をチューニングかけるよりも
やりがいが、あったのではないでしょうか?

 | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ