FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2拍手ランキング

非常ボタン

マクソニックその2

今回もマクソニックについてお話します。


先代オーナー時代からのエレックスをよくご存知の方にとって、マクソニックというブランドはそれほど馴染みの深いブランドではありませんでした。


昔からエレックスをご存知の方にとっては、どちらかといえばエレックスはホーンシステム主体のお店というイメージの方も多いはずです。


さて私自身はマクソニックを所有していた事はありませんが、エレックスにお世話になる以前から、マクソニックは比較的身近な存在でもありました。


というのも、私がこの業界にどっぷりと浸かるきっかけを作った悪しき先輩が、実は旧マクソニックを鳴らしていたのです。


当然部屋に遊びに行く度聞かされていたわけで、そのような意味では意外と身近だったのかもしれませんね。




さて前回のマクソニックのお話でもあったように、励磁システムのユニットとしてのイメージが強いメーカーでした。


晩年の旧マクソニックの製品で、トゥイーター、2インチドライバー、1インチドライバーは励磁システムの磁気回路を持ち、またウーハーもL403は励磁システムの磁気回路でした。


しかしこのウーハーのラインナップだけはアルニコ磁気回路のユニットも当時存在していたのです。


当初マクソニックのウーハーの振動版はアルテックと同じメーカー製でしたが、後期モデルでは国内の振動版へマイナーチェンジされています。


実はこの前期型と後期型の場合、動的インピーダンスも異なり、また当然音色も違うのです。


その為同じユニットでシステムを組む場合、前期型か後期型ではネットワークの切り方も大きく異なるのです。


また当然といえば当然ですが、どうメーカーの振動版を持つ前期型の音色は、アルテックそのものとさえいえるほど似ています。


そのため口の悪い人からは「アルテックの物まねだぁ」といわれる事もありました。


その頃のウーハーのラインナップを見てみると、アルテックの416に相当するL401があり、強力な磁気回路を持たせたアルテックの515に相当するL402がありました。


そして励磁システムのL403があったのです。



実際同一条件で各ユニットを比較した事はありませんが、それぞれ416や515に似た傾向のユニットだったと記憶しています。


ただアルテックに比較すれば、それぞれ初期応答がややソフトな感じもします。


さすがにL403にいたっては、比較できないレベルにはなるのですけどね。



そういえば旧マクソニックが消える以前、様々な試作機が作られていたのです。



その中で唯一画像を紹介できるのがこれです。


マクソニック試作ウーハー


これは後期型の国内製の振動板の仕様で、通称お化けユニットとも呼ばれる事もありました。


これのいったい何がお化けかといえば、その磁気回路がお化けのように巨大だったからです。


詳しいデーターは持ち合わせていませんが、磁束密度こそL403ほどではありませんが、たしか総磁束ではL403を上回るといわれ、実際鳴らしている音も聴いた事があります。


スピード感ではやはりL403の方が上に感じましたが、力感や力強さを感じさせるユニットで。その領域ではL403とはかなり印象が異なりましたね。


イメージとしては515などの芯を太くした感じでしょうか。


そして当時の試作機の中に、L403と同じ励磁システムの磁気回路を持ち、振動板のエッジのみフィックスドエッジのユニットもありました。


こちらはこれが15インチの音なのかという圧倒的スピード感を感じさせる音でしたが、使いこなしとしてはかなり難しそうで、大容量のマルチダクトやバックロードホーンなどに合いそうなユニットでしたね。


動的インピーダンスはよくわかりませんが、教科書通りにネットワークを組んでも、たぶんまともに繋げるのは難しそうでした。


もちろんこれらはカタログに載ることもないまま、その後マクソニックというブランドは消滅してしまいましたね。



という事で、旧マクソニックのウーハに関してはこの辺りにしておきます。


古い方ならそれ以前のお話もよくご存知なのでしょうが、私の場合晩年の旧マクソニックしか知らないので、ご存知の方がいたらコメントいただけると嬉しいです。


それではこの話の続きは次回に。



スポンサーサイト



*オーディオレストア(クリーニング)紹介集第3号*

メンテナンスシリーズ第3段
*************

今回はスピーカーのサランネットの補修+クリーニングについて

サランネットはある意味ではスピーカーシステムの見せる所90%です。

JBL4343等のモニター等もバッフル部のゴージャスなルックスでも、普段はネットしか見えません。

そのためここが汚いと、中がいかに綺麗でも、特に濃い色系ほどすごく古い物に感じてしまいやすいものです。

もちろん音響的には不利な要素のネットですので、真剣に音を楽しむ方の場合殆ど外しっぱなしという方も多いでしょう。

そうはいっても、家に小さなお子様やペットがいるお宅では、ユニット本体への攻撃を避けるためと、普段保管時のユニットの日焼け防止としては、外したままでいるのはとても不安ですね。

<写真1>
neto1.jpg

しかしいざ気が付いてみると、このようにホコリがしみついたり、小穴ができていたりしまいます。

しかも意外とこのホコリは、掃除機で吸い取ってもなかなか綺麗になりません。


<写真2>
neto2.jpg

そこでまず小穴を目立たなくしてみます。

針とネット色と同系色の糸で穴を絞る様に穴縁に沿って縫って行きます。

穴のネット縁が裏でダンゴになる方向で絞ります。

<写真3>
neto3.jpg

裏側で糸を結び余りは切り落とします。

このままですと時間と共に糸やネットの生地がちぎれてしまいますので、接着剤で固定しておきます。

接着剤が固まったら白くなるので、ネットの色に近いマジックペンで塗ります。

そうすると前から見るとチョット毛玉かな?位までにはなるかと思います。

<写真4>
neto4.jpg

次にこれはいかにも中古品ですといったイメージをかもし出すホコリの処理です。

順序としてはまず裏側からブラシをかけて行きます。

すると前から、ボアーと煙の様にホコリが舞います。

根気よく煙がなくなるまでブラッシングしたりタオルではたいたりします。

ホコリが出なくなったら今度は前側をブラシです。

問題なのは木枠の当たる場所ですが、
ここはしょうがないので指でつまんでは引いてパチッとはじいたり、表のみブラシかけをします。

<写真5>
neto5.jpg

さてごらんのように結構綺麗になりました。



サランネットが綺麗になると、スピーカーを休ませておく時にははめておきたくなりますね。

*オーディオレストア(クリーニング)紹介集第2号*

ステレオ製品メンテナンスの第2段
*************

アンプ類のシルバーパネル(ヘアライン仕上げ)のクリーニングについてのご紹介。


最近はあまり見かけることが少なくなりましたが、時代時代のブームの中で、シルバーのヘアライン仕上げがトレンドという次期もありました。


というより一番多い仕様のような気もしますね。


同じブランドでもレギュラーモデルをシルバーとして、ブラックモデルを上級機種に振り分けていたメーカーもありました。


そんなシルバーヘアライン仕上げですが、以外と汚れ等には強そうなイメージですが、長期間使用しているうちに、気が付いたらもの凄く汚れていたなんて事もあります。


しかもビンテージ物の場合製造されてからの月日も経ち、汚れがこびり付いていても不思議ではありませんね。

<写真1>
silpane1.jpg

こんなふうにけっこう汚れてます。
タバコのヤニや油・手垢・・・せっかくの見栄えのヘアラインパネル模様が台無しです。

<写真2>
silpane2.jpg

そこで表面のクリーニングに入りますが、清掃時邪魔になるためまず外せるツマミやスイッチ類取ります。(別途掃除しますので)

<写真3>
silpane3.jpg

そしてマジックリンや油汚れ落としの洗剤類を使うのですが、ここは要注意!
はじめに目立たない所で試してください。
まれにプリント文字が溶けて消えてしまうことありますので十分ご注意を。
洗剤を本体に泡状にして吹きつけます。
そして全体にのびる様に歯ブラシでひろげておき、少し待ちます。
ツマミ類も別の場所でかけておきます。

<写真4>
silpane4.jpg

しばらくして汚れが浮き上がってきたら、歯ブラシでコスって行きます。
隙間の近辺は中に入り込むと面倒なので軽くしておきます。
ツマミの切れ込みは念入りに行います。

<写真5>
silpane5.jpg

その後汚れた洗剤をふき取ります。
この時汚れ残り十分チェックします。
必ず最後に水濡れ雑巾でよく拭き取ってください。
洗剤に溶けた汚れが残っていますと、乾いた後にベトベトしますので。
この作業は汚れ度合いで数回水拭きします。
ツマミは水入った容器で洗います。

<写真6>
silpane6.jpg

最後に乾燥したらツマミを付け直して上がりです。
まだ汚れが残っていましたら時期をおいて再度やってみます。
まあまあに綺麗になりました。

またコンパウンド系の研磨剤クリーナーも効果はあるのですが、粒子が粗い場合ヘアラインをつぶしてしまう可能性がありますので、ロレックスの本体やベルトのヘアラインをつぶさないような貴金属用の粒子の細かいコンパウンドも効果的です。

但しコンパウンド系はプリントされているロゴなどを落としてしまう可能性が高いので、十分ご注意くださいませ。

*オーディオレストア(クリーニング)紹介集第1号*

さてエレックスはオーディオ専門店なのですが、その中でも新品製品ではなく主役はアンティークオーディオとなり、しかもその殆どがUSED品です。


当然商品性質上メンテナンスや修理も必要ですが、次のオーナー様が家に持って帰ってからうれしいと思って頂くためには、できるだけ新品に近い見栄えを出すためにクリーニング作業というのが付きものです。


これなど中古車屋さんではおなじみの光景ですよね。


さて皆様が楽しむ上で、オーディオマニアの方々の中には、装置を滅多に使用しない理由の中に「ちょと外観が汚ないから・・・」なんといった事も有るかもしれませんね。



また当店には限りませんが、皆様が買取や下取りや委託販売に出される時に、元箱や取り説、付属品あるとGOODな評価になります。

しかし!汚れやホコリまみれですとザツな扱いされたとみられてしまい、査定などの評価が下がる事もありますね。


そこで手放す手放さないに限らず、皆様の製品をかわいがる意味もございますので、今一度自分で出来るレストアを行なってみてはいかがでしょうか!?


もちろんアンティークオーディオのユーザー様ならもっと良い方法を知っているかとも思いますので、その節は是非そのテクニックを御教授頂ければ幸いです。



ということで今回は、まず始めとしましてアナログレコードプレーヤーの<アクリルダストカバー>のクリーニング方法についてお話したいと思います。


これはどうしてもオーディオラックの一番上になる機材になりやすく、その為一番汚れ易いものなのです。

しかもつい小物をカバーの上に置いてしまうので、表面上にクモリや擦り傷、ひどいのはチョウツガイ付近にヒビまで出来てしまう事すらもあります。

特にスモークが無い透明タイプの場合はこれが目立ちます。


<写真1>
AKURIRU1.jpg

そこでまず手始めに食器用の中性洗剤で、スポンジを利用して軽く洗います。

普段はこれだけでもその効果が結構違います。


ここで使用するスポンジですが、食器用の物でもかまいませんが、塗装面に傷を付けにくい洗車用スポンジもお勧めですよ。


<写真2>
AKURIRU2.jpg

綺麗になったところで気になるのが薄い擦り傷などです。

擦り傷落としは研磨剤を使用して行います。

そこではじめにピカール等で研き込みます。

もっと深い傷はハミガキ粉も少し混ぜると良いかもしれませんね。

しかし表面上の傷といっても、光に通すとわかるような薄いものから、明らかに鋭利な物で付いた深い傷など様々。

ピカールなどで落ちない深さの傷は、耐水ペーパなどを利用し研磨ということもあります。

また逆にピカールでは余計に曇りが出ていまうような場合、さらに粒子の細かい研磨剤を利用します。

たとえば塗装面の最終仕上げ用の研磨剤であるとか、貴金属用の研磨剤なども粒子がさらに細かくてお勧めです。

研磨に関しては理論が通りにくい世界でもありますので、とにかく経験してみるしかありません。

特に重点的に前面を徹底的に行なうと良いかも知れませんね。

天板側面は汚れやクモリは以外と目に付きませんので。

<写真3>
AKURIRU3.jpg

軽度の擦り傷や、最終研磨には自動車用のボディー水垢落としもいいですよ。

<写真4>
AKURIRU4.jpg

そして最後にカーワックスをかけます。

これが以外と良いのですよ。

擦り傷が取りきれてなくても(場合によってはヒビも)全体がテカッと光り一瞬反射した模様に感じます。

それとお持ちの方なら車用のコーティング剤も良いですね。

こちらの場合表面皮膜も強くて長持ちしますし、薄い擦り傷まで埋めてしまうので一石二鳥ということもあります。

<写真5>
AKURIRU5.jpg

ワックスや研磨剤の残りカスが角に残ったら歯ブラシで軽くこするかツマヨウジで取ります。

<写真6>
AKURIRU6.jpg

プレーヤーにとりつけた状態ですが、実際にクモリあってもワックスのテカリで意外と透明に見えますよね。


もちろんこれ以外に裏技もあるのでしょうけど、今後も次々とメンテナンスやクリーニング方法をご紹介いたします。

もし皆様の方でもっとすごい裏技があったら、ぜひコメントください。


またご質問やご意見等ございましたら、気兼ねなくお問い合わせHPのメールフォームよりお送り下さい。

マクソニック

みなさんお元気でしょうか?


さて今回はオーディオ専門店らしく、オーディオブランドの話でもしたいと思います。



という事で今回ご紹介するのはマクソニックというスピーカーブランドです。


といっても話は長くなりますので、数回に分けての話となります。


マクソニックダブルシステム



このブランドはオーディオを趣味として長期にわたりされている方にとっては懐かしい名前でもありますが、JBLやタンノイ、アルテックなどの海外ブランドではなく、国内メーカーのブランドになります。


国内といえばTADといういう大御所もございますし、それを使用し世界的に有名なスタジオモニターのレイオーディオなんていう別格のもございますね。


また超激烈マニアの中で伝説的なゴトウユニット、ロクハンに代表されるスタジオモニターの名機を生み出したダイヤトーン、ブックシェルフスピーカーとして人気のNS1000のヤマハ、自作派に支持の高いフォステクスや古い所でコーラル、今でこそ元気がない国内メーカーにも、かつては名機が揃っていましたね。


でもそんな中でマクソニックというブランドは、ただのオーディオ好きでは馴染みもなく、かなりのマニアでないとその存在に気が付く事もない比較的マイナーよりなブランドです。



しかしこのマクソニックをご存知の方なら周知の事ですが、かつてこのブランドは隠れた名機といわれ、その奏でる音は多くの方を魅了してきたのも事実です。

しかし当時マクソニックの柱である小林社長は、航空機史上最悪の大惨事である日航機事故の犠牲となり、その後この世界からマクソニックのブランドが消えていました。


そのような事もあり、マクソニック製品に関しては現在でもプレミアム性が非常に高く、また市場に出回る数も極端に少ないため、中古市場でも高額で取引されてきました。


でも近年ご存知の方も多くいらっしゃるかもしれませんが、基本コンセプトを同じくして、現代の生産技術によりマクソニックブランドが復活いたしました。


ただかつて存在していた評価の高かったホーンや、2インチドライバーのラインナップがないのはちょっと寂しいですね。




さてマクソニック製品の大きな特徴に一つに、励磁システムという特殊な磁気回路を持つユニットがあげられます。


一般的にユニットは、永久磁石の磁気回路へ電気信号を送り、そのとき発生する振動で音を出します。


そしてこの磁気回路の良し悪しで音も大きく違い、現在でも同製品であってもアルニコ磁石の磁気回路を持つユニットの方が評価が高いのもこのような理由の一つになるでしょう。


しかしこの磁気回路ですが、永久磁石を使用している以上どうしてもその限界があります。


そこで永久磁石の代わりに電磁石(励磁)システムが生まれたわけですが、この技術自体別に真新しいものではなく、ウエスタンなどの大昔のスピーカー時代から存在していたものです。


ただ一般的なスピーカーとは違い音を出すためには電源も別に必要なわけで、使い勝手はけして良い訳でもなく、またその後の磁気回路の性能向上もあり、今では殆ど見かけないものとなりました。

また電源を新たに必要とするスピーカーなんて、昨今のエコブームに真っ向から対立してしまいますね。




と話は逸れてしまいましたが、この励磁システムの磁気回路は、使い方によってはやはりすごい面もたくさんあるのも事実です。


それは電源電圧を変化させることにより、そのユニット事態のキャラクターを変化させる事が出来る事でしょうか。


その為様々な音の好みの方にも対応させる事も可能で、そのような意味ではすごいユニットになります。


しかも永久磁石の限界を超えた磁気特性にすることも可能で、新たな領域での再生も可能になるのです。



よく街の中で見かける若いお兄ちゃんの乗るワゴン車から、ブォ~ンブォ~ンとブーミーな低音を響かせているのを聞いたことがあると思います。


もちろんセッティングという問題もありますが、あれなどに入っているウーハーを見てみると、いかにも振動系が重そうなウーハーが殆どで、しかもその磁気回路ときたらトゥイーター用なの?と思える貧弱な事も珍しくありません。


とりあえず重い振動系のために低音の量を感じさせる音は出ますけど、低音の音色も質感もそんなものがどうしたといわんばかりに、とても不明瞭な低音を出しますね。


これを表現するなら積載量を遥かに超えた不安定な重いトラックで走るようなものかもしれません。


ハンドルを切っても直ぐに曲がらず、ブレーキをかけても直ぐには止まれず、挙句の果てにはコントロールをう失って・・・


こんな感じでしょうか。



そこへいくとマクソニックの励磁システムのユニットの音は、電圧を上げるとまるでF1マシンのように感じます。

マクソニック励磁ウーハー



ただ今度はそのハイパフォーマンスゆえのネガな部分も出やすいのも事実です。


これは初心者のドライバーがF1マシンを走らせる事に似ているのかもしれません。


そのような意味ではある程度使いこなしの出来る超上級者向けとなるため、その点では誰にでも気軽にお勧めできるような製品ではないのです。


そのような気難しさもある意味超人気ブランドとなり得ない部分でもあったかもしれませんね。


ただそれらを使いこなせる方々にとって、マクソニックの励磁システムのユニットは、手に入れたら二度と手放せなくなる魅力もあるのです。



とマクソニックについて書き綴ってきましたが、まだまだ話が尽きないのでこの話の続きはまた次回にお話したいと思います。

エレックス店舗のご紹介

いや~寒くなってきましたね。


皆さんいかがお過ごしでしょうか?



さて今回はエレックスの新店舗をご紹介したいと思います。




常連さんの方にとっては私以上に店内の製品に詳しい方もいますが、初めてエレックスを知っていただいた方、また通販などでお取引があってもご来店の経験がない方も多くいると思いますので、いったいエレックスはどんな感じのお店なのか興味が沸いている方もいるかもしれません。



ということで、その豪華絢爛な新店舗外観をご覧いただきましょう。


店舗外観


「何これ?」・・・・・思わずその概観のダサさに唖然とされてしまった方もいるかもしれません。


そりゃぁ~高級品を扱うオーディオ店というイメージは外観から沸きませんよね。


それどころかこんな所がステレオ製品扱うお店なの?とさえ思われる方も多くいるかもしれません。


やはり高級オーディオ製品を扱うからには、高級感漂う外観の店舗が必要ですね。


でも中身で勝負ですから、気品漂うエグゼクティブな視聴室を兼ね備えた店内はこちら・・・



店内5

「何が気品漂うエグゼクティブな視聴室だぁ!」

「これじゃただのガラクタ置き場の倉庫じゃねぇ~か!」

店内1

高級感溢れるように展示された製品?

店内2

店内3



これじゃあまりのひどさに言葉を失われた方も多いかもしれませんね。


たしかにこの見た目はもはやリサイクルショップ以下の外観とさえいえるかも。


それに店内に踏み込んだ瞬間感じる特別なおもてなしもございません。


でも店内においてある製品を見てください。


こんな所にだって皆さんの心に感動を与える名機がたくさんあるのです。




完璧にコントロールされセッティングが決まった視聴室で聞く音楽は、その瞬間みなさんにすばらしい感動を与える事でしょう。


しかし製品を手に入れ家で鳴らしたら「あれっ?こんなはずじゃなかった・・・」ということも珍しくありません。


幸いエレックスに来てくださる常連さんたちは、私以上にそれぞれ知識も経験も豊富な兵ばかりのため、製品の使いこなしという意味でもあまり影響がない様子です。


だからなのでしょうか、こんなお店でも気軽に遊びに来てくださるのでしょうね。



ロールスロイスやフェラーリを買いにいく時、ショールームがすばらしいと、店内に入っただけでそのプレミア感は感じるかもしれません。


これが町外れの小さな薄汚い自動車屋だったら、同じ買い物をするため出かけても、そこで感じるものは大きく異なります。


でもロールスロイスもフェラーリも、購入後は自宅ガレージに収まり、自分でハンドルを握ってこそ意味を成します。


高級ショールームであれば、皆様の虚栄心を満たす感情を揺さぶる事が出来るでしょう。


でも最後には自宅でということになります。



エレックスの新店舗はご覧のようにリサイクルショップみたいな外観です。


しかも店内に入ってもプレミア感などはありません。


見た目的にも旧店舗の方が遥かに立派でした。





初めてご覧になられた方で、「こんなひどい外観のお店なんて覗く気もしない!」とお感じの方には無理ですが、好奇心旺盛で、常に音や音楽を追求する夢をもたれる方にとって、とても居心地のいい空間と感じる方も多くいらっしゃいます。


すばらしく用意されたプレミア感も、エグゼクティブが集う高級感漂うステータスもございませんが、宝探しが好きな方にとっては、それこそおもちゃ箱の中に突入するようなものかもしれません。


遠方の方には難しいかもしれませんが、もし足を運んでくださるのならお気軽にご来店くださいませ。


店舗へのご来店は、左上の{HOME}をクリックして、店舗のご案内をご覧ください。

 | ホーム | 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ