FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2拍手ランキング

非常ボタン

マッキントッシュ アンプ名称

ここしばらくスピーカーの話題ばかりなので、といっても私はスピーカーが一番好きなジャンルなのですが、そろそろ話題変えてアンプの話しをしてみようと思います。



高級アンプブランドといえば、まずマッキントッシュを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?


マッキントッシュといっても、ジョブズさんのアップルコンピューターの話ではありませんよ。


たまにオーディオマニアの方々のおふざけ用語で、マルキントッシュやマンキントッシュなんて呼ぶ人いますが・・・



さてマッキントッシュといえば、グラスパネルの特徴を持つ、その個性溢れる外観上のゴージャスかつカッコよいアンプですね。


この特徴のあるデザインやルックスにあやかって作られたモノマネのアンプも多いくらいですから、そのデザイン性にも魅力があるのでしょう。



さてマッキントッシュのタイトルの品番の意味を、意外と知らない方もいます。(そう思っているのは私だけ?)

プリアンプの品番の場合・・・

C8、C20前期、C20後期、C11、C22、C28C29、C32、、C33、C34V・・・・
文字クリックで詳細見られます

といった機器がございますが、Cはコントロールの意かと思います。(たぶん)

c29

マッキントッシュC29コントロールアンプ
文字クリックで詳細見られます



高級アンプのイメージとして、この顔つきに憧れた方も多いのではないでしょか。


しかし番号に何の意味が隠されているのか不明ですが、おおよそ古いタイプほど数字が若い番号の様です。

ただC20の後にC11が出てますので100%そうとうは言い切れませんが??



電源を入れてランプをつけると文字が浮き出ますので、これがまた見た目的に非常にかっこいいわけで、ついついこれにKOされ衝動買いされてしまう方もいるようです。

マッキントッシュのプリアンプの面白いところが、C32-C34Vまでのプリアンプにはミニパワーアンプを搭載しているので、単体でプリメインアンプとしても使えます。




次はパワーアンプの品番です。

MC240、MC275、MC30、MC2500、MC7300、MC500・・・

沢山出てますが、この表示はプリとは違いとても分かりやすいのです。

7270

マッキントッシュMC7270パワーアンプ
文字クリックで詳細見られます
マッキントッシュMC7270パワーアンプ
文字クリックで詳細見られます


マッキントッシュMC7270パワーアンプ



275+40

マッキントッシュMC275およびMC40パワーアンプ



MCはパワーアンプ頭番号で、番号はその出力を表すW数を表します。

例1・・MC2255・・2チャンネルの255W
例2・・MC240・・2チャンネルの40W
例3・・MC60・・モノパワーの60W

となる訳です。

このマッキントッシュのパワーアンプの表示は、真空管パワーアンプもトランジスタパワーアンプも基本的に共通です。

ちなみにプロ機種はMIシリーズで、MI75というMC75を業務パネルを使ったタイプがありました。


しかしそんなマッキントッシュでもたまに例外タイプあります。

例4・・MC7300・・2チャンネルの300W

多分重複品名が出てしまう(MC2300等)ので、2を止めて7を使ったと思います。



例5・・MC500・・2チャンネルの500W

なんで2や7が消えたのでしょうか?ステレオ表示がわからなくなりました。


例6・・MC2505・・2チャンネルの50W
これも謎です。MC250でいいのでは?


例7・・MC2002・・2チャンネルの200W
これも謎です。



マッキントッシュのパワーアンプは、トランジスタアンプであっても、真空管アンプ特有の出力トランス(アウトプットトランス)を積んでます。

もちろん無いタイプもあるのですが、このトランスがマッキントッシュパワーアンプの最大の特徴で、真空管アンプとトランジスタアンプの掛け合わせなのです。

そのためスピーカーユニットのインピーダンスに合わせて対応が利くトランジスターアンプとは違い、スピーカーのインピーダンスに合わせて接続が必要という、ある意味真空管アンプマニアにとって当たり前の儀式があるのです。



マッキントッシュの音といえば、風格のあるゴリッとした分厚いサウンドですが、その音の特徴はこのためなのでしょうか。



また掛け合わせ的なハイブリッドアンプ(真空管とトランジスタのどちらかを初段のみに採用させてます)としては、カウンターポイント社のアンプなども有名ですね。



さらに話を進めれば、真空管アンプでもアウトプットトランス乗せてないパワーアンプに、OTLアンプというのがございます。

これらはフッターマンやマックトン、SDサウンドが有名です。

そのためなのでしょうか、音色はややトランジスタアンプに似てます。



話題がそれてしまったので話をマッキンに戻します。

マッキントッシュのプリメインアンプは、名称にMAが頭につきます。

MA6200などがそうです。


チューナーはMRとなり、MRシリーズでMR71が有名ですね。

変り種でチューナー付プリアンプでMX110なんて機種もございます。

CDはMCDでMCD7000,MCD7007等。
文字クリックで詳細見られます


スピーカーはXRTとなりMがつかないです。



メーカーの品名を調べてみると、意外と面白いものですね。
スポンサーサイト



やっと、お店がかたずきました。

昨日は大量のオーディオ中古品の入荷があり、お店の中がパニック状態でした。


そこで本日は朝から種分け作業とチェックで、おかげでお昼休みも取れませんでした。

でもどうにか作業も終わって、ようやくお客様をお迎えできる様になりました。

また新しい製品が大量入荷しましたのでご覧ください。

皆様のお越しをお待ち申し上げます、よろしくお願いいたします。

1

2

ゴトウユニットオールホーン4ウエイ

さて前回お約束のように、今回はゴトウシステムを使用した超絶オーディオマニア?・・・失礼!ハイエンドユーザー様宅は、いったい どのように使いこなしているかをご紹介いたします。


こちらのお宅ではゴトウユニットで4ウエイのシステムを構成しており、リスリングルーム自体がスピーカーの一部として、低音部まで超特大の煙突型ホーンでくみ上げられたスピーカーとなります。

ここまで来るとスピーカーを買ってすんなり部屋に入るレベルではなく、 もうこれは不動産といえるサイズといえますね。

ゴトウm1

まず目に付くゴトウユニットの朝顔ホーンS-175ですが、これが約80cmほどの直径になります。

その下にセットされたのがS-600ホーンで約18cmほどの直径になります。

そしてその下にシルバーに見えているのがホーントゥイーターです。

そして見る人を卒倒させてしまうのが、天井にある台形の穴による低音部を受け持つ超巨大コンクリートホーンの開口部となります。




では最初に超高音域を受け持つツイーターを見てみましょう。

ゴトウm9

こちらのユニットはゴトウユニットのSG-1880BLです。

ベリリウム振動板を使用しており、棒磁石3段をリングアルニコマグネット状に分散しており、 磁器回路にはパーメンジュール採用した、ゴトウユニットメーカー最高グレードモデルです。

画像では少しわかりにくいかもしれませんが、ツイーターといってもご覧のように非常に巨大マグネットによる磁気回路のお化けで、しかも大きいだけに留まらず滅茶苦茶重いのです。




さて次が中高域部を受け持つゴトウユニットのミッドハイのユニットになります。

ゴトウm8

こちらはゴトウユニットのSG-3880BL+S-600アルミ絞りホーンの組み合わせになります。


外観はゴトウユニットの1880BL同様の作りとなってますが、こちらは磁気回路が4段マグネットスペシャルです。




そして中低域を受け持つゴトウユニットのミッドローになります。

ゴトウm6

こちらはゴトウユニットのSG-5880BL+S-175朝顔ホーンの組み合わせです。

こちらのドライバーの磁気回路も4段マグネットスペシャルです。



またこちらのお宅ではゴトウユニットのレギュラーモデルとは違いますが、 通常シングルスロートで使用するところを、W用に2又スロートを特注して、 しかもショートスロートに変えて使用しております。

このモディファイおかげで、上記2点の高能率ユニットに負けない音圧レベルを出ししてます。


上記3点ユニットの集合写真です。

ゴトウm2

また全ユニットを縦1列配置にしたことにより、 各ユニット間の音のつながりが非常に良くなり、また音像の定位が安定してとてもよくなってます。




さてさて今回の最重要チェックポイントであるコンクリートホーンの全容です。

ゴトウm5

ゴトウm4

ご覧のように低音ホーンの開口部から上を覗いてみるとこんな感じになります。

その全体像はホーン開口部の真下に行ってみないとまったく分かりません。

もう既存のスピーカーシステムの領域を逸脱していますね。

部屋自体がスピーカーシステムになっているわけですから。


ここのお宅の低音域搭載ユニットは 、ゴトウユニットのSG-38WNSSPを片側2発ずつ使用しています。

実際ホーン開口部からホーン内部を覗いてみてみても低音ユニットがはるか遠くに見え、その見た目ではあまりにも巨大なホーンの大きさによって、振動板の大きさがまるで20cm程度のユニットにしか見えません。

しかしこれでもユニットの大きさは38cmもある大径ユニットなのですよ。

このホーンは壁に対してぴったりとコーナーに設置されいて、カットオフが更に下がるように壁2面が延長ホーンとして利用されてます。



ということで、2階のユニットルームで、この低音域を再生する巨大ホーンの裏側を拝見してみましょう。

ゴトウm12

ゴトウm10

これが低音ホーンの正体です。

裏側はこんな風になっているのですね。

超巨大マグネットのSG-38WNSSPは、その巨大さと重さのため、とてもじゃないですが一人ではでは持ち上げることができません。

もちろん力自慢の怪力の持ち主さんなら別ですけどね。


しかもこの巨大スペースのおかげで部屋も完全につぶれてしまい、部屋なのか煙突なのかわからない状態です。

おそらくその重量も、この低音ホーンだけでtの単位になるのでしょうね。




その他に

ゴトウm3

デジタルアンプ/フライングモール社DAD-M1+アムクロンアンプ、 チャンデバはアキュフェーズ社のDF-45を18dBで切っております。

さすがオーディオ暦が私の数倍の超玄人様、 この4ウエイシステムを、まるで1発フルレンジユニットなみにチューニングされておりました。

ゴトウユニットは使いこなしが難しい中お見事です!!


あまりの凄さに説明もたどたどしくなってしまいましたが、写真だけ見ればそのすごさは伝わるかと思います。


オーディオマニアの方もリスニングルームの確保だけでも苦労されている方が多い中、家ごとスピーカーに作り変えてしまう事が出来るとは、これまた羨ましい限りですね。



でもそのような事もオーディオマニアの夢であり、また将来の目標の一つに出来ますね。

 | ホーム | 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ