FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2拍手ランキング

非常ボタン

アナログプレーヤー2 DD

今回はアナログプレーヤーのフォノモーターパート2です

アナログプレーヤーの駆動方式でダイレクトドライブについてお話します。

この形式は読んで字の如しで、モーターのシャフトがターンテーブルと直結して回転させるものです。



長所はなんといってもメンテナンスフリーで、主だった消耗パーツありませんので、ある意味使いぱっなしokです。

そのためプレーヤーのセッティングも水平を取るだけでいいのです。

しかも構造上メカ部小さくなるため、トーンアーム取り付けポイントも増やし易いですのも特徴です。



そんな便利でお手軽な面がある一方、短所としてはモーターが滑らかに回転しないという事です。

通常モーターというのは滑らかに回転していると思われるのですが、中身は磁石とコイルの組み合わせのため、手でモーターを回したことがある方なら、ゴリゴリと回転するのをご存知の方もいるでしょう。

4極の場合は90度ごとにコッキングして回転するモーターの性質上で、ターンテーブルの回転がスムーズではありません。

しかもその振動干渉を緩和するためのベルトやアイドラーが無いため、モーターが発する振動やコッキングがもろにターンテーブルへ伝わってしまい易く、結果としてレコード盤に伝わり、それをカートリッジが拾ってしまい易いために音がにごり易いのです。


そのためコッキング振動の解消のために慣性質量の大きい重量ターンテーブル採用することで、フライホイール効果出すタイプ多いです。


ダイレクトドライブのターンテーブルの場合、このターンテーブルの大きさや重量が、その再生音に大きく作用してしまうのです。



またモーターがターンテーブルセンターの真下に来ますので、レコードの内周再生時に磁石発電のカートリッジの針圧が狂いやすく、発電電圧に悪影響が微小に発生すると言われてます。


ただ各メーカーさんもそれをうまく解消したモデル開発してます。


そこでダイレクトドライブ(DD)プレーヤーの4大の名機の国産モデルご紹介いたします。

デノン

dp3000

デノン(デンオン)のDP-3000
文字クリックで詳細みられます

ほかにそっくりのデザインのままで、DP-1000、DP-1500、DP-6000等に始まり、 DP-75、DP-80・・・などの2桁機番のまでずーと作られました。


多分日本一沢山あるプレーヤーなのでしょうか。

当店ですら売るほど沢山あります。(失礼!元々から売り物でした)



特徴としてはターンテーブル下にカセットデッキの磁気ヘッドが付いていて、
ターンテーブル内周にある磁気テープを検知して回転制御します。

たまたま当店の在庫に

dn307f

デノン(デンオン)DN-307F
文字クリックで詳細みられます


こんなでかいプレーヤー来てます。

構造は上記モデルと同じで業務用のDN-307Fという機種です。

放送局等のコンソール型です。

同社の名機のカートリッジにデンオンのDL-103を搭載させます。



テクニクス

sp10

テクニクスSP10mk2
文字クリックで詳細みられます

テクニクスSP10mk2です。


このテクニクスのシリーズはSP10
、SP10mk2、SP10mk3まで続きました。
文字クリックで詳細みられます


超ハイトルクモーターが売りで、スイッチオンであっと言う間に定回転数でます。

またこの機種のリーズナブルモデルのSL-1200シリーズはDJ派向きで、 若手に楽器屋さんで現在も大量に販売されてます。



いよいよDDの超高級品パイオニア

p3

エクスクルシーブP3
文字クリックで詳細みられます

パイオニアから高級ブランドのエクスクルシーブのグレードで出されたP3です。

エクスクルーシブといえば、TADのユニットを使用したモニタースピーカーなども有名でしたね。

この後エクスクルーシブP3aがバージョンアップ機として出ました。

オイルダンプアームとガラスで静電気のないダストカバーが特徴で、 ボディサイズも非常に大きく、豪華な美しいプレーヤーです。

音質はオイルダンプのアームの影響なのか、比較的とげのない音になり、ややおとなしい印象があります。

このあたりはダイレクト感が乏しいと感じるマニアもいるようで、そのあたりの使いこなしができるといいのかもしれませんね。

しかしその豪華作りとルックスは非常に魅力的で、一時はプレミヤ価格で取引されるなど、USED品といえど定価より高かったほどです。




ヤマハ

gt2000l

さてキングオブダイレクトプレーヤー?としては、ヤマハのGTシリーズです。

写真はヤマハGT-2000Lです、GT-2000の木目タイプです。
GT-2000の黒タイプは、複刻判出るほどの超人気モデルでした。


このヤマハのGTシリーズですが、GT-750、GT-1000、GT-2000、GT-2000L、GT-2000X とシリーズ化され、どれもUSEDが出ると引っ張りだこです。


ヤマハのGTシリーズには様々なチューニングやセッティングのためのオプションも生まれ、大型のキャビネットをさらに重量級にするアンカーブロックなんていうのもあり、またオプションストレートアームや、スタビライザー、砲金製ターンテーブル、安定化電源等は、 今でも探しているマニア沢山おります。

この中でも一番人気のヤマハGT2000シリーズは、感度の非常に高いトーンアームと、直径の大きなターンテーブルで慣性モーメント上げて、キャビネット本体も非常に重厚なつくりが特徴で、ダイレクトドライブプレーヤーとしてはその癖を感じさせない名機の一つです。


ただアーム類の取り付けベースが専用の形状であるため、一般的な汎用トーンアームへ交換という事が容易に出来ないのは残念な所ですね。


そういえばヤマハはカートリッジもMC100という、繊細で力強く、しかも反応がとても良いMCカートリッジも出していましたね。


しかしその実力を持ちながらも、時代の流れのため短命に終わってしまったようです。


そういえ私をこの業界に引き込んだ悪しき先輩も、ヤマハGT2000を使用していましたね。


ただトーンアームはオプションの中でも非常に珍しいピュアストレートアームを載せていました。


このアームは元々江川三郎氏が考案した形式を元に、オーディオメーカーとしてはヤマハだけが製品化した特殊なトーンアームです。


しかもそんな貴重なトーンアームを悪しき先輩はさらに改造されていて、常識人には考えられない発想で使用していました。


もし先輩から画像を送ってもらえたなら何れ紹介しますね。




又面白い機種思い出しましたら掲載いたします。
スポンサーサイト



アナログプレーヤー編

日々気温も下がってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


さてこの気温というものはオーディオにとっても意外と影響のあるものでもあります。


その中でもダイレクトにその影響を感じるものといえば、アナログプレーヤーではないでしょうか。


そこで今回はアナログプレヤーについてお話します。



一口にアナログプレーヤーといっても、ターンテーブルを回すための駆動源であるフォノモーターの基本的方式により大きく分けて3タイプあります。(たぶんマニアの方ならご存知と思いますが)

1・ダイレクトドライブ

2・ベルトまたは糸ドライブ

3・アイドラードライブ<リムドライブとも言います>

変り種としてはシャフトドライブやギヤドライブというのもありますが。



そこでこの3種類のなかでも一番マニアックなアイドラードライブのフォノモーターを今回ご紹介致したいと思います。



アイドラー式ターンテーブルで最リクエストの多いのはガラード社(イギリス)の製品です。

301

401

ガラード301白(上)
ガラード401(下)

文字クリックで詳細みられます



ガラード社製品のターンテーブルではこの2機種があまりにも有名ですね。

401の右写真を見ていただくとわかりますが、小さなタイヤみたいな物でモーター回転をターンテーブル外周に伝える事によりターンテーブルへ回転させます。



ただこの形式の短所として、アイドラーの磨耗によってゴロが出てくることがあり、少々の事ではあまり耳で感じることは少ない事もありますが、定期的なクリーニングやメンテナンスが必要です。




つぎにアナログプレーヤーの王様級といえばEMT(ドイツ)ですね。

930

EMT930ST(下)
文字クリックで詳細みられます


こちらのモデルもアイドラー形式のアナログプレーヤーマニア憧れの一品です。

この画像ではEMT930STの純正のトーンアーム929が搭載されていて、このトーンアームはカートリッジのコネクト部分の端子が菱型配置のため、EMT専用のTSD15等のカートリッジしか取り付けられません。

本体を支えている鉄枠、これがこのターンテーブル専用のインシュレーターです。



写真では見えませんが、トーンアーム下にフォノイコライザーの155(トランジスタアンプ)もつけることできます。


ちなもにフルセットにしますとガラードの3台分くらいの金額です。


さらにもっと上位機種の高級品でEMT927という40cmテーブルのお化けプレーヤーも存在しますが、私は今まで1回しか試聴したことありまません。


EMTはドイツのメーカーなのですが、テレフンケン社やシーメンス社の様に、どちらかといえば硬質な?サウンドではなく、やや丸みのある暖かい重厚な音色をかもし出します。

たぶんこの形式のターンテーブルとフォノイコライザーの音色という事もあるのでしょうね。



さて次はトーレンス社のターンテーブルです。

td124

トーレンスTD-124(前期)です。

このターンテーブルのフォノモーターは面白いですよ。

右写真の様にベルトとアイドラーのミックスです。


この形式はモータートルクが小さいのが最大特徴で、非常に静かに回転いたしますが、そのため立ち上がりが遅く、気温などでオイルの粘度が変わるために回転が安定するまでに時間かかります。

でもゴツゴツ感なくやさしい音色を出してくれますね。



たまたま在庫の珍品ですが

レコカット

レコカットLP-7432(下)
文字クリックで詳細みられます

アイドラーフォノモーターのレコカット(アメリカ)LP-7432というのがあります。



ほかにも変形アイドラーでは、ゲーツ社のアイドラーの場合はターンテーブルの縁を駆動するのではなく、シャフトに近いほうを駆動します。


アイドラー形式のプレーヤーは現在としてはかなり希少品ですが、実際は沢山売られていました。

日本製でもデノンやヤマハの業務機や,古い時代は主役の機器でありまして、CECやマイクロ、ニート、パイオニア等の60年代はほとんどが、リムドライブ採用されてました。

この時代は3スピードが多く、33回転 45回転 78回転と再生するアナログレコードにより回転数が異なりました。(トーレンス124は16回転もある)

たぶん様々な回転に対応できるように考え出された駆動形式なのでしょうね。



厳密に言えばターンテーブル上に余計な振動音や回転音を載せてしまうのは、それをダイレクトにカートリッジが拾い易いため、それがそのまま再生音となってしまいます。


アナログのレコードプレーヤーは、スピーカーの次にチューニングしだいではで音が激変しますので、その魔力にはまってしまうともう足洗えなくなってしまいます。


しかしセッティングもチューニングも完璧にこなし、良質なアナログ版をかけた時に出てくる音は、やはりデジタル音源の音楽とは異質なリアルな世界をかもし出すのも事実です。


ただそのためには技術も経験も知識も、さらにはお金や環境も、手軽に楽しむデジタルオーディオとは比較にならない困難な面があるのは間違いございません。


という事で今回はここまで。

折をみてトーンアームやカートリッジのご紹介も後日致します。

 | ホーム | 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ