FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2拍手ランキング

非常ボタン

CDプレーヤーでもアナログぽい機器

そろそろジャンルも広げて今回はCDプレーヤーの話題を一つ挙げてみます。


今まではアナログプレーヤーのこと沢山アップしてましたが、私個人としては実はCDの方がすきなのです。

アナログプレーヤーに比較して、セッティングもチューニングも容易だし、季節や気温などの環境にも影響されにくく、横着者には手軽で便利?というのもあるのですけどね。


ただ現実にはその自然な高音質を求めて、アナログレコードの方が好きな方がかなり多いのも事実です。


そこでアナログプレーヤー派の方でも結構いけるというCDプレーヤーをご紹介してみます。

MUSICAL  FIDELITY TUBALOG

これはCDプレーヤーではありません。
MUSICAL FIDELITY(ミュージカルフィデリティ)社の TUBALOG というDAコンバーターです。
文字クリックで詳細見られます


なにが特徴かといいますと、実はこのDACは真空管増幅なのです。

思った通りであったかい音色かもしだしますので、CDプレーヤに感じられる冷たい音質感がかなり緩和しますよ。

ただそこは真空管特有の癖があり、球が暖まってこないとショボショボな音です。



cd308t

ケリー社のCD308T
文字クリックで詳細見られます

こちらは1体型CDプレーヤーですが、やはりコンバーター部は真空管式を採用しています。



ほかにもアナログPLに引けをとらない音色のCDプレーヤーメーカーは、スチューダー社やルボックス社、国産ではCECのベルトドライブCDプレーヤー等は、CDのゴツゴツ感もなくてとても人肌ぽい音色の様ですね。


ところがスチューダーA730等は結構高額で手に入らない方へ、CDプレーヤーチューニングのGOODアイテムもございます。

ウエスタンWE-GA50766

これは何でしょうか?ご存知ですか?

WE-GA50766<ライントランス>
文字クリックで詳細見られます

CDプレーヤーとプリアンプの中継にMCカートリッジの昇圧トランスみたいに入れるライントランスです。

写真は1つの例ですがウエスタンエレクトリック社のライントランスWE-GA50766を、CDライントランスに作りなおした物です。

ライントランスは、音楽信号の中継パーツが増えてしまい、また信号が直接道通することがなく遮断される部分でもあるため、忠実再生という方向性で見れば決して音が良くなる事は期待できそうにないのですが、これはこれで意外といい感じになるのです。


このあたりの発想はアナログラインの考え方と正反対ですね。


結果としてアナログプレーヤーまたはオープンテープデッキの独自の、幹太であったり、加えて枝分かれした軽い余韻の様なバランスに仕上がります。


CDプレーや独特のドライな音色が消されますので、アナログにチューニングされたスピーカーに相性が良い感じです。

またこのライントランスは非常に面白い品で、普通のマランツ社等のCDライントランスの様に1:1ではなく、
巻き線比がインとアウトが違ってます。

そのためゲインの変動があるので音が少し大きくなったり、逆につなぐと小さくなったりします。

つまり音の音色変化を
1ストレート接続(トランス入れない)
2音量上がる方接続
3音量下がる方接続
とそれぞれの音色を3種楽しめますので、CDプレーヤー2台増やしたのと同じ価値はありますね。


このトランス最近ではの当店人気No1のアイテムですよ。


他にもフィデリックス社でも、20kHz以上の超高域にのみあえてノイズを付加するという装置もあります。


これもデジタル特有の高域の伸びの詰まり間が解消し、アナログのように超高域が伸びやかに感じられ、全体の音の質感も大きく変わりますね。



アナログ派からはあまり歓迎されにくいCDプレーヤーですが、現実問題としてソースの入手が困難な場合、どうしてもCDプレーヤーで再生という事になります。

しかし工夫次第ではCDプレーヤーもまた、オーディオの楽しみを増やせる重要なアイテムですね。


このあたりは信号としてはデジタルでも、再生される音はアナログという所にまだまだ可能性があるのでしょう。
スポンサーサイト



自作の真空管パワーアンプEL156PP

今回はチョット変り種の物をご紹介いたします。



最近意外と隠れたブームの真空管アンプです。


特に真空管アンプは、ラジオ少年時代から経験を獲て、自作でパワーアンプを0から作ってしまう人沢山います。

比較的各構成部品も大きく、また部品点数も少なめということもあり、半田付けなどの工作が出来る方にとっては朝飯前かもしれませんね。


オーディオは自動車のように車検なる物がないので、改造なども比較的自由な構想がそのまま機器に反映することができるのも面白さです。

EL156

ドイツの希少真空管のテレフンケンEL156のプッシュプルモノラルパワーアンプ
2台です。

文字クリックで詳細見られます


好きな音色のパーツを選び出して、こんな希少球でもアンプにできるのは、オーディオメーカー製品では非常に難しい話です。


しかも手の入れ方によっては量産品ではけして味わえないサウンドが手に入るわけです。


しかも世界に2個しかないパーツまでつかえるのですから・・・・


中には自作アンプをばらばらにして、再度新たにアンプに作り直すツワモノも結構います。



内部の配線もとっても綺麗にかつ、LR共に同じ音色となるように、線の長さまでピッタリ同じにできます。

ただ作った人の思いがメーカー製品以上に強く出るので、その個性的な音色にはまるかどうか?

そこが悩み所ですね。


多少電子部品の知識や電気回路などを理解する必要はございますが、理想の音を求めぜひ一度は自作真空管アンプなど挑戦してみてはいかがでしょうか?


ただし嵌りすぎて抜け出せなくなっても責任は負えないのですが・・・

ゴトウユニット朝顔ストレートホーン

今回はゴトウユニット社の一番の顔となる、GOODデザインの朝顔型ストレートホーンの写真をご紹介いたします。

S175

ゴトウユニットS175ホーン+Bタイプスロートです。


BタイプとはSG-505タイプの大きいフランジのミッドローユニットで、開口部が大きい分スロート長が少し短いバージョンです。


入手してすぐ写真撮りたかったのですが、デッドニング材のピッチが砕けていた部分をはがしてあげるのに、丸々半日もかかってしまいました。



ほんとにこのルックスは蓄音機の朝顔ホーンみたいでとても美形です。



S150よりほんの少し小さいのでカットオフが175Hzとなってますが、使用周波数は200Hz上が一般的です。

うーんお店デモ機にほしいです・・・・


今悩んでます。

ゴトウユニットの人気トゥイーター

本日修理依頼にてゴトウユニット社の製品入荷いたしましたので、写真撮っておきました。

SG-16TT

ゴトウユニットSG-16TTトゥイーターです。

ゴトウウニットのロングセラーであるこのツイーターは現在も引き続き製造されていて、振動版もチタンダイヤフラムなのでカチーンとした強さを感じさせる高音でなく、ツーんとした伸びやかな綺麗な音色がでます。


ご覧の通りでゴトウユニットカラーのグリーンの部分がリングアルニコマグネットですので、その大きさから見てもやっぱり磁石のお化け級です。



もちろん純正のゴトウユニットとのドライバーユニットが相性よいのですが、以外とこのモデルはアルテックのA5やA7のスーパーイーターとして利用される方も多く、さらに言えばタンノイ15インチ系統のユニットの上スーパーツイーターに搭載されている方も多々おらます。



ゴトウユニットは特殊なものというわけではなく、既存のスピーカーシステムの一部としても活用が可能なのです。


しかもスーパーツイーターとして上に載せるという変更程度で、今まで使用していたスピーカーシステム全体の音が大きくグレードアップするというのも、オーディオの面白さであり楽しみの一つですね。

 | ホーム | 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ