FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2拍手ランキング

非常ボタン

ハイブリッドアンプのメーカー カウンターポイント

今回はたまたまですが、お店に沢山あるので写真が見られる物選別してみました。


という事で、カウンターポイント社のアンプをご紹介いたします。


カウンターポイント社はアメリカのメーカーですが、今から約10年位前に倒産してしまいました。

とても魅力のある製品を出していたメーカーでしたから残念です。



さてカウンターポイント社の特徴はハイブリッド構造の増幅で、真空管とトランジスタのミックスです。

音質的にはかなりシンプルな傾向で、とても切れ込みの良い音色を聞かせてくれるのですが、ただ球の特性と配線の取り回しでノイズが出やすいのが玉に傷でしょうか。

カウンターポイントプリアンプ

sa3.1

カウンターポイントSA3.1
詳細は文字クリックしてください

ご覧のように電源は別ユニットとなってます。

外見のシンプルさはともかく、内部のレイアウトもすっきりしたデザインです。

しかもGOODデザイン取ったほどですよ。





カウンターポイントパワーアンプ

sa20

カウンターポイントSA20
詳細は文字クリックしてください

sa220

カウンターポイントSA220
詳細は文字クリックしてください


上記2台はスペックほとんど同じですが、SA220は後期型になります。



また少し小さいパワーですが

sa12

カウンターポイントSA12
詳細は文字クリックしてください

ご覧の様にカウンターポイントのアンプはそれぞれに、ブラックパネルとシルバーがございます。

目の細かいヘアラインが美観をかもしだしておりますね。


こんな製品の選択肢も、ライバルに差をつける?ではなく、自分流のオーディオを楽しむ選択肢の一つかもしれません。


機会ございましたら是非一度試聴ください。


その意外な実力侮れないですね。
スポンサーサイト



チューナーの人気機種

今回は新カテゴリにて

マイナーな存在になりつつありますが、オーディオの隠れた脇役チューナー<ラジオ>にいってみます。


FM放送のローカル局も増えてきましたがトーク番組も増えて来てしまい、FMで音楽聴きたい方は、多分ミュージックバード等の放送に切り替えてしまったかも知れません。


しかしデジタルーディオ全盛の今でも、チューナーマニアはまだまだ健在です。

チューナーの王者

KT9900

トリオ KT-9900
詳細は文字クリックしてください。

トリオというブランド今の方には馴染みの無い名前ですが、ケンウッドといえばわかる方も多いでしょう。

たしかにこのチューナーはすごいです。


FM電波の受信感度メーターがガツンと振れます。

さすがこのあたりは通信機+測定器メーカーの実力ですね。

この後さらにグレードアップしてケンウッドブランドをつけて01Tと02Tというのも出ました。


ほかに写真今ございませんが、
マランツ#10b
セクエラ
ソニー5000F
・・・・・・・・・
まだまだありますよ。

あるうわさを聞きましたが、現在FMチューナーをPCからトランスミッターでFMに飛ばして、別室で高級FMチューナーで受ける方法が、ひそかに流行っているらしいです。


オーディオの中では主役ではありませんが、あると便利、でも無いと寂しい機器の一つです。

トーンアーム豪華品

今回はとても美観のよいトーンアームが久しぶりに入荷いたしました。


SME社の限定トーンアームです。

SME3010R-G
文字クリックで詳細見られます

SME3010rg

写真をご覧いただければわかりますが、超豪華絢爛VIPスペシャルバージョンです。(何処がVIPなどと突っ込まないでください)

SME3010Rの金メッキ仕上げモデルです。


じつはこのトーンアーム見栄えだけではないのですよ。

全体に施された金メッキのお陰で、トーンアームの共振周波数も変化するからなのでしょうけど、そこから再生される音色もスタンダードもモデルとは音色もわずかに違います。

収納ケースも見事で、まるで高級腕時計箱や宝石箱みたいですね。


質素なデザインのプレーヤーでも、このアームを取り付けますと、

「あれま!」

という感じで、あっという間に超高級なプレーヤーに早代わりです。



似たようなところではオルトフォン社のRMG309のシリーズも金メッキ出した事ありました。


見た目だけではなく音色まで変化してしまう微妙な繊細さはアナログならではの世界です。



ウーン いいですねーこのトーンアーム


見ているだけでもいいものですね。

ベルトプレーヤー写真追加

前回に予告いたしましたエムパイヤ社のガラスのカバー付きプレーヤーが偶然来ましたので、その素敵な姿の写真をアップいたします。

エムパイヤ698

エムパイヤ698で、パイオニアのP3の様にダストカバーがガラス製ですので、アクリル製などと違い静電気が出ないのが特徴です。

ターンテーブルの駆動方式はベルトドライブで、フローティングタイプです。

 | ホーム | 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ