FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2拍手ランキング

非常ボタン

MC昇圧トランス 対 ヘッドアンプ 2

さて今回はMCヘッドアンプ編です。


ヘッドアンプというのですから当然アンプリファイヤーなのです。


そのためMC昇圧トランスとは異なり当然ながら電源が必要です。


MCトランスと違い、聴く前にヘッドアンプのスイッチ入れなければなりませんので、MCトランスのように使いっぱなしができません。


またアンプの回路を通るのですから、シンプル・イズ・ベスト目指す方は敬遠している様です。


人気でいえば、使い勝手の良いMC昇圧トランス派がやや多いです。

でもMCヘッドアンプもメリットがあります。


トランスのように信号を遮断して電気を無理やり変圧してないので、周波数特性(特に超高音と超低音)に優れているケースが多いです。


又各社のブランドの目指す音作りも表現しやすくなるので、カートリッジの音色がドンピシャに当たりが出やすいかと思います。

前おき終わりにして、実物の写真を御紹介いたします。



HA-1

ヤマハ HA-1
ヤマハは結構沢山のヘッドアンプ方式を採用した製品多かったですが、その中の1つ



HA-50

ソニー HA-50
ソニーも数機種トランスとヘッドアンプだしてました。
やっぱりソニーサウンドのカラー出ます。



HZ1

パイオニア(PIONEER)HZ-1
文字クリックで詳細見られます

これはすごいです。

MCヘッドアンプとしてはサイズも物量もトップクラスの投入ではないでしょうか?

無帰還(NFBなし)です。




lux CX-1

ラックス CX-1
意外とニュートラルなサウンドで、俗に言われるラックストーンとちょっと違います。

すっきりした音色だったと思います。

昔私物で使った頃ありました。



MarkLevinson JC-1AC

マークレビンソン(MarkLevinson)JC-1AC
文字クリックで詳細見られます

こちらは特級のマニアックなヘッドアンプの一つでしょう!

JCとは聞いた話で恐縮ですが、設計技術屋さんのジョン・カール氏の名の様です。

このJC-1は2つ種類あって、コンセントタイプの
JC-1AC
と、バッテリー駆動の
JC-1DC
がありましたが、さてどっちが面白いのか、いつか2つ並べて聞き比べしてみたい物です。




MCP1

マッキントッシュ MCP1
いやーはやー こんな品物存在したのですね。

初めて見た時は驚きました。

超レアです。



今回のヘッドアンプで画像がなくて紹介できないのですが、フィデリックスというメーカーで以前出していた、006Pの乾電池式のヘッドアンプは劇的に音がよかったです。

見た目はポケットに入れられるような安わらのおもちゃみたいなのですが、シンプルな増幅回路とバッテリー駆動(鉛バッテリーで駆動すると別な次元の音でした)それと完全な非磁性体を目指したアルミシャーシなど、見た目の安っぽさからは想像できないほど透明感が高いクリアーで癖のない音がしたものです。


ただひたすら色付けの少ない音を追求するあまりのため、余計な回路を省いていたたせいで電源を入れればバチッとノイズが聞こえたり、見た目も豪華さとはまったく無縁ですので、オーディオマニアの所有感をくすぐり難い製品でした。

それに個性的に聞こえる音を好むマニアも多いため、色付けのない音を味気ないと感じてしまう方も多いと思います。

とうの昔に生産も終了している製品ですが、たぶん世の中に出て行った数も少ないので、市場で目にする機会は少ないです。




さてMC昇圧トランスとヘッドアンプについて書いてきましたが、アナログの微弱な信号をどのように聞くかによって、その選択肢は変わってくるのかもしれません。

************

どちらも長所短所が両立し、もちろんそれによって音も大きく違います。



さてあなたならMC昇圧トランスと、MCヘッドアンプの どちらを使ってみたいですか????
スポンサーサイト



MC昇圧トランス 対 ヘッドアンプ 1

CDプレーヤーなどの機器なら、ボリュームとパワーアンプを繋げば音を出す事は可能なのですが、アナログを再生する場合、アンプに内蔵されているフォノイコライザーによって増幅しなければなりません。


以前お話したようにカートリッジにはMM型とMC型がありますが、厳密に音のよさを追求するのであれば、カートリッジのボディーと針先が分割するMMタイプより、ボディーと針先が一体型のMC型のほうが有利です。


しかし発電構造の違いから、MM型は出力も大きいのですが、それと比較するとMC型はどうしても出力が小さくなります。


一般的なアンプはその両方に対応できるように、両方のカートリッジに対応する入力端子をつけて設計されているのは多いのですが、その両方を聞き比べた場合どうしてもMM入力端子の方の音が良い場合が多いのです。


しかし出力の小さなMC型をそのままMM入力端子で聞くには音が小さすぎるため、その出力を増幅する必要があります。


そこでその出力を増幅する方法として、MC昇圧トランスとヘッドアンプという2つの種類のどちらかの増幅装置を使う事になります。


これはアナログプレーヤーをご使用中のマニアの方でも、MMのカートリッジを使われている方はそれほど悩むこともなく事がなく済むのですが、MCカートリッジを主役に使われている方の場合は、いまいち音の冴えないMC対応のフォノ端子を使うよりも、MCトランスかヘッドアンプを接続してMM端子に繋ぐ方が音がいいのです。


そこで悩むのが

MC昇圧トランス

で行くか、

MCヘッドアンプ

で行くか悩み所です。



もちろんプリアンプやプリメインアンプに搭載のMCポジションを使えばなんの事ないのですが、どうせなら外付けの良いアイテムで聴聞きたいというのが本音で、当店でも入荷してから販売されるまでの滞在期間はとても短い商品ジャンルです。


また同じMCカートリッジでもデンオンのDL-103等の様に40オームほどのハイインピーダンスの物もあれば、オルトフォンの様に3オーム位のローインピーダンスの物ありますので、とりあえず片っ端に買えば良いわけではないのが厄介なところです。



とりあえず今回はMC昇圧トランスをいくつか御紹介いたします。


STA6600

オルトフォンSTA6600
SPUを使う方の人気No1の専用トランスです。

JS社のトランスを搭載していて、甘くなく、硬くなくで、とてもバランスよい音かと私思ってます。



ST-80

オルトフォンST-80
こちらもSPUに向いております。



AU320

デンオン(デノン)AU-320
このメーカーで一番台数売れた品物かと思います。

ハイ+ローインピーダンス切り替えが付いていますので便利です。

またハイのポジションはDL-103シリーズに最適と言われてます。



AU310

デンオン/デノン(DENON)AU-310
文字クリックで詳細見られます

こちらは320に比べて希少です。

ハイインピーのみ可です。



ET-200

アントレー(entre)ET-200
文字クリックで詳細見られます

このブランドは残念ながら現在ございません。

ローインピーダンス向けです。

私の主観ではありますが、暖かい系統の音色と思います。




HP-T5

ハイフォニックHP-T5
このブランドも 残念ながら現在ございません。

振動対策がとてもしっかりしてますのでとても重たいです。




PARTRIDGE)TH-7834.jpg

パートリッジ TH-7834
自作アンプマニアに大人気のパートリッジ社のMCトランスです。

オーディオニックス社で売られてました。



UTC C-2080

UTCC-2080
文字クリックで詳細見られます

パートリッジ社と同じく真空管アンプ自作派に人気のUTCトランスです。

ハイインピーダンス向けです。



MC昇圧トランスのメリットは、ヘッドアンプと異なり電源が不要です。


また増幅回路を持たないため、固有のノイズの影響も受けにくい点がメリットとしてあります。


ただ弱点がないわけではなく、アナログの場合極微弱なデリケートな信号を扱うため、信号が途中で遮断されてしまうという意味では接点を増やすこと同じで、レコード盤に刻まれた繊細なニュアンスを聞き取りたいという方には敬遠されてしまう事もあるのです。


とりあえずMC昇圧トランスは、このあたりでストップして、次号でMCヘッドアンプに移りたいと思います。

ゴトウユニットオールホーンシステム2段目

今回はゴトウユニットにてフルシステム組まれたハイエンドユーザー様のお宅の2番目の御紹介です。

goto

縦に長いお部屋の壁の一面が全てが、ゴトウユニットのホーンスピーカーによって埋まってしまっております。

ユニット構成は、

ゴトウユニット SG-160BL

ゴトウユニット SG-370BL+S-600ホーン

ゴトウユニット SG-505BL+S-175朝顔型ホーン

ゴトウユニット SG-38(旧タイプのコルゲーション無いタイプ)×2

ゴトウユニット コンクリート4分割Wウーファー用ホーン

の4ウェイ構成となっております。

中低域、中高域、高域の3点のユニットは、全てベリリウムダイヤフラム振動板のタイプです。

低音ホーンは正面向きなので、部屋全体の空気を駆動する感じのように、スパーンと飛んで来る迫力です。

この大掛かりなゴトウユニットのホーンシステムを設置する為、せっかくの新しく作ったお部屋の壁の上部に、S175のホーンを突き刺すため壁の穴を開けてしまいました。


とろりあえず音が良くなるのであれば、躊躇なく何でもやってしまうスーパーオーディオマニア様達は、
システムを売っている私でさえその勇気に頭が上がりません。


しかし見事なまでに綺麗に設置されていて、まるではじめから備え付けのごとく見事にまとめておられますね。


とてもかっこよく仕上がってます。



しかし音質追求へのトライは終止符をうつことはなく、現在でもさらに良くしようとチューニングアップを絶え間なく行ってます。


もうこの部屋に入ったら、とにかく音楽を聴かずにいられなくなるでしょう、、、、、、


ほんとに、うらやましい限りです。

 | ホーム | 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ