FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2拍手ランキング

非常ボタン

多分世界一の究極プレーヤー

本日は超が4つ付けられそうな
最高グレード?のプレーヤーを、ご紹介いたします。

寺垣式プレーヤー・・・・
多分小耳には、どなたでもはさんでいるかとはおもいますが、
いったいそれは、なんなのかは、私も知りませんでした。
オーディオ雑誌のmj誌にも記事に何度か、お目にかかってますが、
本当はまずいのですが、、無関心でおりました。

いざ手元にて拝見しますと、それはそれは、恐ろしい品物でございました。

Σ-300~1
寺垣式 Σ-3000
<文字クリックで詳細見れます>

白黒写真しか見てませんでしたので、
こんな色だったのですね。

siguma3000.jpg

磁石で吸い付くアイドラー式

ウエイト部独立型トーンアーム

共振のない形状のターンテーブル内側構造

特殊なインシュレーションの足

**************数えきれないほど、振動に対しての対策万全の作りです。

各部はそのためにフローティングやゴムダンプ類は一切使ってないようです。
しかし、どこ叩いても、コーンやキーンの音が出ません。
リジット型のプレーヤーでは考えられません。

工作制度も究極です。

こんなプレーヤー見たことありません。
機械屋さんなら、しびれる作品でしょう!!

さてさてと、この世界最高峰のプレーヤーとはいかにの
音色なのでしょうか?

試聴してみました。
それほど質の高いLPは当店ないのですが、

目が<耳がが正しい?>点になりました。

全くレコードの音では無いではないですか?
またはcdともちがいます。

研ぎ澄まされた感じは確かにcd級なのですが、
音色の質がちがいます。

オープンテープとも違った感じ、?

どうしてもとなると、無理やりあてつけですが、DATが一番近いでしょうか?
(もちろん音色違いますが、あえてとなると)

これは
CDでもテープでもチューナーでもレコードでもない、新ジャンルの様です。

これは見学だけでも価値あります。
マッキントッシュMC3500も、目じゃない位の極希少品ですので、、

スポンサーサイト



希少品 マークレビンソン(MarkLevinson)ML-6

本日久々の珍品入荷です。

MarkLevinson)ML-6.jpg


マークレビンソン(MarkLevinson)ML-6<モノプリ2台>
<文字クリックで詳細見れます>

モノ構成のプリアンプですが、
マークレビンソン社のトレードマークのブラックフェイス+シルバーツマミではなく、
全部シルバーパネルです。

この後に同型名でML-6Lとなり、真っ黒のパネルになりましたので
上記写真のモデルは古いタイプとなります。

レビンソン社の多く採用します、モージュールアンプですので
パネルもシンプルですが、
中の方もとてもシンプルです。

端子は専用レモピンですので変換<付属>を使って接続します。

同社の中でもかなりの濃口の音色になりすぎず、
とても綺麗な音色です。

ウッドケース付けますと、GOODデザインですね。

試聴御待ちしております。

 | ホーム | 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ