FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2拍手ランキング

非常ボタン

11月度USED品セールご案内

11月度USED品セールご案内

入荷日が2012/10月以前の入荷USDE品10%引きとなります。

11月1日から11月30日の期間限定です。

<<入荷日は小写真のリスト表示時に価格の下に記載されてます>>

(2012/06)の様に記入してますので
よろしくお探しの商品ご覧ください。
スポンサーサイト



ミカゲ石のラック

当店のデモ機は
オール御影石とアルミにくくられた
アンプcd等すべてできましたので
御影石にてラック作成しました
思った通りで
芯のある音色になりました

isirakku.jpg

L-Cao FE8


lcaofe8a.jpg

lcaofe8sit0037054bg.jpg


前回お話ししましたように、フィールドマグネットタイプ(励磁型)は、通常のスピーカーユニットのように永久磁石ではなく、電磁石によって動きを制御します。


最近では非常に珍しい少数派ですが、スピーカーユニットが世の中に出始めたころ、ウエスタンやジェンセンなど、今でも人気の高いモデルにもみられるように、その頃はフィールドタイプというものは意外と多く存在していました。


というのも、その頃現在の様に良質な永久磁石が一般的ではなかったようで、電磁石のほうが作りやすかったっというのも理由の一つでしょう。


その後良質な永久磁石が手に入れやすくなってきてからは、世の中からどんどん淘汰されていきました。



とはいうものの、このフィールド型マグネットは、永久磁石にはない優れた一面もございます。


それは透磁力という、磁気抵抗の圧倒的な少なさでしょう。


永久磁石の場合、アルニコが最も磁気抵抗が少なく、フェライト、ネオジウムという順で磁気抵抗が高くなります。

そのため昔からアルニコマグネットモデルの方が音がよいという評価が多いのは、この磁気抵抗の少なさと無関係ではなさそうです。

an8alnico1_20131007164516991.jpg


逆にネオジウムマグネットは、永久磁石最強と呼ばれる強い磁力を誇るため、小型で非常に強力な磁気回路を作ることができます。

しかし磁気抵抗の高さと、熱が高くなると磁力が落ちるという欠点も持ち合わせています。

an8neo1_2013100716464323b.jpg


フェライトマグネットは、圧倒的なコストパフォーマンスの高さが魅力です。

an8cf1_20131007164637d7b.jpg


それらと比較した場合、フィールド型マグネット(励磁型)は、マグネットのコイルなどの巻き線の出来によっても左右されますし、駆動用の電源回路出来によっても音質に大きな差が生まれます。


かつてのビンテージモデルが採用してきた励磁型磁気回路は、試行錯誤の中で生まれたものも多く、また加工技術の水準も低い時代のものですので、どうしても磁気回路の弱いものも多くみられますが、それでも圧倒的に低い磁気抵抗の影響か、とても魅力的な音を聴かせるユニットも多くあります。



また低い磁気抵抗以外にも、制動力の強さや駆動電圧のコントロールにより、音質をコントロールすることができるなど、永久磁石にはない大きなメリットもございます。


しかし、一般的には線をつなぐだけで音が出るイメージのスピーカーユニットですが、駆動するために電源ユニットが必要であるなど、手間もかかるだけでなく、エコ時代に逆行するような要素もあります。

lcaofe8a6_20131007170142a49.jpg

lcaoFE8b5.jpg

lcaofe8a5.jpg


でも、この電源電圧のコントロールで、同じユニットで様々な表情に大きく変化させることができるのは、やはりフィールド型マグネット(励磁型)の大きな魅力の一つです。

lcaofe8a9.jpg

20センチサイズのフルレンジユニットとはいえ、小型コンパクトなシステム構築には不向きですので、どうしても大型システム並みの大きさになってしまいます。

lcaoFE8box2.jpg

lcaoFE8box4.jpg

lcaoFE8box3.jpg


lcaoFE8box6_201310071720286e9.jpg


lcaofe8a7.jpg


エコ時代に真っ向から対抗するようなフィールド型マグネット(励磁型)ですが、とても惹かれる強い魅力があるのも事実です。


うちのデモ用にいずれ導入したいユニットですね。


と今回はここまで。


また次回楽しいお話をしたいと思います。


ミカゲ石のホーン

今回試作で作成してみたホーンです。
1インチドライバーに合わせたホーンですが、
前々より反射率の高い素材がホーンの壁面に適しているのは
わかってましたが、

ミカゲ石で作成したホーンの音色を確認してみたく思い
作ってみました。
MIKAGE HO-N

カーブを付ける事ができない為に直線のみ構成のコニカルホーンです。

完成したので試聴しました。
金属ホーンとやや音色違います。
直線的な静かなよい音色で
前記した反射率がよいので音圧も高くなります。

素材として中々良いようです。

試作機なのですが、当店HPにて販売いたします。
ご覧ください。

 | ホーム | 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ