FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2拍手ランキング

非常ボタン

P610V取り扱い開始とLcaoフルレンジ取り扱い開始

何度かに渡りご紹介してきたP610の復刻版?ユニットですが、取り扱いを始めることにしました。


button118111111.gif


$(KGrHqF,!iUE6O-cSjWyBOpRp3(+!Q~~60_3


もともと生産中止になったダイヤトーンP610のサウンドを忠実に再現するために、出来るだけオリジナルに忠実に再現しようとしたのですから、ご覧のように外観形状はダイヤトーンのP610と瓜二つです。


ただオリジナルでは耐久性に難があるエッジ部分は革エッジに変更されて、耐久性はかなり向上していそうです。


しかしオリジナルとは関係性の無いメーカー製ですので、その再現しようとする情熱がどれほどなのか・・・


この製品はVintage Audio LobからValab P-610V 6.5 inch Alnico という正式名称で発売されたものです。

Valabブランドといえば、各種チューブソケットや、ケーブルやピンプラグ、またホスピタルコネクターなど、さまざまなオーディオ関連部品を持つブランドです。

そしてVintage Audio Lobではほかのブランド製品も取り扱いをしていて、その中に興味のあるフルレンジユニットを見つけました。



L. Cao 6.5" inch Alnico Fullrange Speaker

L. Cao 6.5


なんとも頼りなさそうな面構えで、どことなくレトロなイメージの外観です。


しかしフレームなどは最新モデルと遜色ない作りで、マグネットはかなり強力なアルニコマグネットで駆動します。

L. Cao 6.5


L. Cao 6.5


スペック的にもかなり優秀で、エッジもフィックスドタイプで反応もよさそうです。


Specification:
Power : 30W
Frequency : 58~20k (see fig. 7)
Impedance : 8 Ohm
Sensitivity : 91DB
Fs : 58HZ
Qes : 0.71
Qms : 5.71
Qts : 0.63
Cms : 1.1122mm/N
Re : 6.1 Ohm
BL : 4.37T.m
Mmd : 5.31g
Mms : 6.08g
Sd : 0.0129m2
Vas : 25.7L
Weight : 1.83 each (5.5kg/pair after packaging)



$(KGrHqEOKjsE6Jkd5NF)BOoQpRDGOQ~~60_3

$(KGrHqEOKjsE6Jkd5NF)BOoQpQP7MQ~~60_3


メーカー側の指定箱の図面も紹介されていますが、やはり卓上オーディオのようにコンパクトにこそまとめられませんが、反応のいい音楽が楽しめそうですね。

$(KGrHqN,!hEE6bJImBRMBOqP8oCUuQ~~60_3

$(KGrHqV,!hEE6,Unw42)BOqP8qZLQw~~60_3

コーン紙がイエローなのでちょっと目立つ色といえばそうですが、ホワイトカラーのコーン紙が黄ばんだ色よりははるかに綺麗ですね。


有名ブランド製品でもなく、オーディオ雑誌で評判になる製品でもないのですが、このユニットもかなりいい線いくのではと思えます。


使用例はバスレフですが、たぶん密閉型にするとつまらない音にもなりそうな感じもしますし、平面バッフルや後面開放型、またはマルチダクトやバックロードホーンも面白そうです。

意外と切れ味鋭い音がしそうですね。


スペック的に優秀とはいえ、意外と使いやすそうなユニットにも感じます。


フィックスドエッジですので、反応はかなりよさそうですが、ローエンドの鳴らし方をうまくすれば、結構化けるのではないでしょうか。


また妄想にうなされてしまうやばいものを見つけてしまったようです。



個人的には重い振動系の音はあまり好きではないので、このような軽量系でしかもフィックスドエッジ、そこへ強力なアルニコマグネットとなると、見てみぬふりが出来なくなるのです。


小出力の球のシングルアンプなんかでシンプルに駆動するのも面白そうだし、表現力の豊かなデジタルアンプで駆動するのも面白そうです。


というより、すでにあれやこれやの妄想の洪水に悩まされているのです。


しかもL caoのフルレンジは、この上に8インチモデル、20センチバージョンもあるので、そちらも次回ご紹介しますね。


意外とこの手のフルレンジユニット、普段大型システムを聞いている方にも受けがよさそうです。


世界の名機が迷機にしてしまいそうな予感・・・


スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://audioelex.blog.fc2.com/tb.php/193-65346419

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ