FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2拍手ランキング

非常ボタン

当店の低音ホーンについて

お客様より当店低音ホーンについてご質問メール頂戴しましたので、
少々荒削りですが、ご説明いたします。

ホーンの設計で、まず必要となる数値が、
<<カットオフ>>周波数です。

各社でてますホーンのスペックにカットオフまたは、遮断特性となる数値記載あります。

このカットオフ周波数というのは、その寸法のホーンの特性上で
どこの周波数まで使用可能かを表示してます。

カットオフ500Hzとしますと、
上の周波数は非常に音響特性がよく、カットオフ周波数近辺まで下がってきますと、
極端に特性悪くなり、その下の周波数はストンとおちますので、
500Hz以下の音を入れても音圧は出なくなります。
ですので約2倍周波数の1000Hzから使用するわけです。

結果高音ユニットにのみホーンを採用しているわけです。

CUTOOFF.jpg
よい資料なかったので手書きのスケッチとなりますが、お許しください。

そこで低音ホーンに裏技ございます。
当店の低音ホーンもこれに該当しますが、

ホーンカットオフ周波数を低音ホーンの場合0Hzが理想ですが
これですと無限の開口面積と長さが必要ですので
作れません。
またカットオフ40Hz等に持っていっても
38cmウーファーの開口スタートでも
数メートルの超特大となります。

そこでスケッチの下のコニカル型のホーンにしてあげると
カットオフ以上の周波数は特性よくないですが、
高音はカットするので問題ありません。

また、カットオフ手前から早めに音圧減衰してしまうのですが
カットオフ近辺で乱れが少なく、かつその下もだら下がりとなります。

つまり小型低音ホーンの設計しやすいのです。

また板材をカーブ取ることも不要なので、
お部屋の広さや板材の寸法取りが簡単なのです、
後々に補強も付けやすいです。

honita1.jpg
この形はそこから決定してます。

詳しいご質問等ございましたらメール入れていただければと思います。

スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://audioelex.blog.fc2.com/tb.php/197-f9ff7b38

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ