FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2拍手ランキング

非常ボタン

スピーカーレストア

今回はスキャンダイナ(SCAN DYNA)A25の2ウエイスピーカーが入荷いたしましたので、それを題材にて、スピーカーシステムの美しい外観を飾るキャビネットの、オイルフィニッシュのスピーカーの美顔エステをご紹介いたします。



元々は

sp1.jpg

お店に持ち込まれた時はこんな状態です。

ご覧のようにスピーカーキャビネットの木目の外観は、日焼けやシミやオイル切れてカサカサの感想肌状態です。

これではご老人の肌のようです。

sp2.jpg

まずはじめに思い切り絞った水雑巾でごしごし拭きあげます。

日焼けの段差の色部の境界線は特に入念に。

sp3.jpg


かけて白くなった部分や日焼けシミは100円ショップの木目傷消しペンで色入れて、指で伸ばします。


sp4.jpg

さて次は全体の着色です。

オイルステインという名称でホームセンターで800円くらいで売ってますが、ポイントは1段薄めの色使います。

オイルステインは本来白木の木目を着色するためのものですので、そのまま同色を使用してしまうとかなり濃くなりますので、場合によっては少し勧めてティッシュペーパーなどに染ませて塗りこみます。

ただこの液は肌に付くと数日落ちませんので、薄手のゴム手袋やビニール袋でティッシュ掴んで作業すると手も汚れません。

もちろん刷毛塗りでもかまいません。


sp5.jpg

オイルステインの着色終わったら少し乾かして(すぐ乾きます)からぶきです。

色むらなどが出ているようならら、もう一度オイルステインを塗ります。



次がポイントでキンチョーサッサなどの黄色でやわらかい面を使い、またゴシゴシとすりつけます。

こうしておくとカビの防止になりますよ。

ただしこの方法はキャビネットの表面がつき板仕上げの木目のある製品にのみ有効なため、カラーシート仕上げのキャビネットの場合はこの手法は使えません。




最後にユニットの固定ネジの頭が茶色くさびてますと、常に目にする部分のためいかにも古いイメージに見えてしまいますね。

sp6.jpg

こんな時は簡単に黒の油性マジックで染めます。


ご覧のように綺麗になりました。

sp7.jpg


もちろんキャビネットからユニットを取り外し、フルレストアすれば古びたスピーカーも新品同然に。


外へ出て歩き回るにはちょっと厳しい季節になってきましたので、そんな時愛用のスピーカーの外観乗リフレッシュをしてみてはいかがでしょうか?

聞こえてくる音もなぜか生き生きと聞こえてくるものです。

スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://audioelex.blog.fc2.com/tb.php/42-78226fb5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ