FC2ブログ

オーディオ専門店エレックスブログ

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

オーディオエレックス

Author:オーディオエレックス
オーディオ専門店エレックスブログへようこそ。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2拍手ランキング

非常ボタン

JBLのスピーカーユニット

今回はスピーカーと言いましても、その心臓部のスピーカーユニットをご紹介いたします。


JBLやアルテックの場合は、完成システムも多いのですが、単品ユニットをチョイスさせて好きなスピーカーを組み上げる場合がとても多いです。



まずはじめに38cmのユニットから

D130

JBL D130
文字クリックで詳細見られます
JBL D130
文字クリックで詳細見られます

クリック先を2つあげましたが、JBLのD130はバージョンがとても多い一つですね。

15インチ38センチ級の大形ユニットですが、センターキャップがアルミなのでフルレンジとも呼ばれてます。

バージョンは細かく分散しますが代表的な物の4リストあげます。

フィックスドエッジ(紙の縁がロールしたもの)のビスクロイド(ベトベトしたダンプ材)なし
フィックスドエッジのビスクロイドあり
布エッジ
布エッジでフェライトマグネット
と変ってまいりました。

色もグレーフレームやブラックフレームと移り変わり、とても歴史のあるユニットです。


このJBL130の特徴はコーンがとても軽量級な点です。

アルテックの416と同じ位で約60g位の振動系質量のため、その音質もとても歯切れがよいです。

特にフィックスドエッジのタイプは音の切れが良いですね。


傾向とすれば大型のバスレフ箱やマルチダクト、又はバックロードホーンなどで鳴らすとゴキゲンです。

そのため小さな箱ではこのユニットのよさが出し切れないのでしょう。

JBL純正ではハークネスやC38シリーズに搭載されてました。


15h

JBL LE15H
文字クリックで詳細見られます

2215h

JBL 2215H
文字クリックで詳細見られます
JBL 2215H
文字クリックで詳細見られます

JBLの15Hと2215Hは家庭用とプロ用の違いのみでほとんど同じモデルです。

磁気回路がアルニコの場合は15Aと2215Aとなります。

15Aは有名なシステムでは、中期のパラゴン、オリンパス、アポロ、サブリンなどに搭載されてました。

前期のユニットはクリーム色のゴムエッジで、後期はウレタンエッジとなります。

コルゲーション(コーンのしましま模様)付きで等価質量を増やし、コーン質量で約100g位ですので、
低音を強く求める方と低音の切れを求める方のどちらもという所の音色です。


ついでにですが各ユニットの末の表示記号のAやHですが、Aは8オームのアルニコ、Bは16オームのアルニコ、Cは32オームのアルニコです。

Hは8オームのフェライト、Jは16オームのフェライトです。


136A

JBL 136A
文字クリックで詳細見られます

このユニットはほとんど同じつくりで、プロ用モデルの場合は2231A(後に2235となります)と品番ついております。

JBLの43シリーズの38cmはほとんどがこのモデルです。

JBL特有ののずっしりした重く迫力のある音色はこのウーファーのお陰です。

約150gの振動系の質量ですので、低音域での歯切れは犠牲になりますが、その代りズドーンとした迫力満点の重低音が出てくれます。

**********つまりJBL38cmは大別すると、3系統の選択によって、好きなサウンドが得られます。******

JBLドライバーユニット

JBL375

JBL 375
文字クリックで詳細見られます

2インチドライバーユニットで一番有名な機種です。

約100パイのドーム振動板(ダイヤフラムともいいます)です。

これの兄弟で376というのが、ございますがダイヤフラムのエッジ形状が違います。

375(2440も)はロールしたエッジで低い音再生向きに対して、376(2441も)はギザギザのエッジですので、比較的高いほうの音に有利です。


JBL175DLH

JBL 175DLH
文字クリックで詳細見られます

こちらは振動板が1インチドライバーとなりますが、ホーンとセットの状態です。

通称<蜂の巣ホーン>の小型タイプです。(大きい2インチ用はHL88)

この蜂の巣は、音響レンズと呼ばれてまして、中央が遠回り少なく、外周ほど遠回りした音道で、中央が早く耳に到達させる効果(結果として球面波)あります。

ヒレヒレのスラントプレートタイプのレンズもその目的と効果は同じです。

最終的にウーファーの音波形と似てきて、つながりがよくなるわけです。



JBLトゥイーター

2405
JBL2405
文字クリックで詳細見られます

ホーンツイーターですが、JBLスタジオモニターの4343等に標準装備された物です。(ほんとに、よく見かけます)

075や077も基本構造は同様で、特徴は、リングラジエーター方式(ドーナツ型の中の抜けた振動板)です。

その効果は、高い音が若干シャキシャキと聞こえますので、もろに高音が体感できます。
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://audioelex.blog.fc2.com/tb.php/54-067fc1cc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





人気ブログランキングへ